2016年11月03日

地元に来たロケ地*レインボーマン&仮面ライダー編

(2ヶ月以上前の地元ネタですが、強力オタクロケ地ネタなのでこちらにUPします。「科捜研の女」16シリーズについては絶対あそこだ!と確信してるんだけど、適当な写真が無いから今度行ってきます。多分絶対ツインテール狛犬のあそこw)



8月も最後の週、「あいちトリエンナーレ」の会場となった地元の案内所にマップやパンフ貰いに行ったら、こんなもの発見!!!



お座敷レインボーマン!?!

なにこれすげー気になる!???

ええもう、大好きでしたよ「愛の戦士レインボーマン」。特に平田昭彦演じるクールでダンディーなミスターKが!(銀髪萌え)



週刊少年マガジン連載の小島利明による漫画版も大好きで、人生初のお小遣いで購入した漫画単行本なのだ。(後年凄い高額物件になり、進学時に部屋の整理で手放したのを悔やんだが、今は電子版が購入できる。「金魚屋古書店出納帳」にレインボーマンせどりネタがある。)

コミックパーク「レインボーマン」全4巻(一部立ち読み可)


で、話は戻ってこのチラシ、ドコよこれ?っちゅうと、旧本多忠次邸というお屋敷の中。



藤岡弘演じる舅ドノこと、本多忠勝の子孫である本多忠次氏の自宅洋館。東京は世田谷に昭和7年に建築されたスパニッシュコロニアル様式の屋敷が、代替わりとか色々あって取り壊すのもアレだしってことで、明治村を始めあちこちに移築保存を打診した結果、平成24年に本多家に縁のある岡崎市の東公園に移築復元されました。

岡崎市HP・旧本多忠次邸概要


公園入り口にいきなり建ってる

見学に行ったことはありますが、こんな面白いネタ放っておけないわと、チラシ片手に再び訪れました。別にレインボーマン全話一挙上映!とかそういうイベントではなく、この建物とかつての主人の逸話から着想を得た、クリエイターの高橋耕平氏制作の「ダビング・ハウスの再生」という映像作品が、2階和室で終日エンドレス上映されておりました。


トリエンナーレ出展作ではなかった

ここの来歴のドキュメンタリー仕立ての映像なのかな?と見ていると、なんかインタビューっぽい内容なのに、話し手と聞き手が同じ声でわかりにくい。これは忠次氏の御家族への聞き取り内容を、映像作家自身が一人二役で再構成した「作品」なのであって、素人にはちょっと効果の程が不明。作家には大変申し訳ないですが、普通に元音声かテキストで、ここの紹介ビデオを作って欲しいです。



で、その中で、かつてこの屋敷が数多くの映画やドラマのロケに使われたという話になり、そこに「レインボーマン」が出てくるワケでー。

帰宅して本編チェックしたら、14話の「恐怖のM作戦」でバッチリ撮影に使われていました。「M作戦」……MONEYのMのことで、お多福会という新興宗教を通じて国内市場に偽札を大量にばら巻き、超インフレを招いて日本経済を混乱させるという、反日組織死ね死ね団による、かなりマトモにして頭脳的な日本壊滅作戦です。

(尚、この回から塩沢とき演じる魔女イグアナと、彼女率いる殺人プロフェッショナルという奇人変人集団が登場して、コドモ心にもなんか頭悪そうな作戦を展開した。)


レインボーマンでは内部は撮影に使われていないそうな

殺人プロフェッショナル一員のフドラに誘い出され赴く、秩父の山奥の山荘という設定で、確かにこの玄関!!!



戦後の一時期、屋敷は進駐軍に接収され、その際も、家具や庭木はそのまま大切にされていたそうで、おかげで、建築当初に植えられたヒマラヤスギが無事に育成し、広大な鬱蒼たる庭に。

かくして、レインボーマンは世田谷の「秩父山中」で、殺人プロフェッショナルと死ね死ね団員たちと死闘を繰り広げるのだった!(ナレーション・納谷悟朗)


下っ端が使うボウガン(クロスボウ)がカッコよかったな

この建物をバックに遠当ての術ですよ!!!カンゲキ!!!





特撮作品では、なんと初代「仮面ライダー」でも外観が使われてて、第13話の「トカゲロンと怪人大軍団」でトカゲロンに改造されたプロサッカー選手、野本健(イヤな奴)の家っちゅうか、ショッカーのアジトになっとります。


第1期怪人軍団のいた部屋と似てるが違うんだそうな

この回の見どころは「やられショッカー怪人コレクション」と、ライダーと立花さん(小林昭二)の体育会系バリバリのノリの無茶特訓。

こんな風に歴代ライダーを鍛えたのが評価され、あの伝説の「イカデビル特訓」に繋がるのだな。同い年のオタク旦那曰く「藤岡弘が大怪我して、ライダーが完全にスタントになってる回だ!なんか変だなーと思って当時見てた!オレ、2号のマスクあんまり好きじゃないんだよなー、顎のところがさあ……(オタクは色々ウルサイ)」)


野本が滝和也が去るのを見ていた小窓
(現在は事務室の窓、快く撮影させていただきました)



レインボーマン関連が出てこないwコレジャナイwww


これでいっか


仮面ライダーはこんなんあった

今見てもキレッキレな演技のヤマトタケシ役の水谷邦久は、後年「太陽に吠えろ」で犯人役となりマカロニ刑事を殉職させてびっくり!とか、「♪インドの山奥で~」の主題歌歌った水島裕が主人公の声を演じた「六神合体ゴッドマーズ」にハマりにハマってイベントやコンサートに行ったとか、オバサン、語り出したらキリが無く、どんどん黒歴史も掘り返されるのでこの辺にしときますw

でも続く!


以前の東公園ルポはこちら(別ブログです)
【艦これ】岡崎市東公園で昭和に浸る【長門】



トリエンナーレのテーマ「虹のキャラバンサライ」って、美内すずえや井出ちかえ辺りの70年代大河少女マンガタイトル感ある。




2017年4月9日追記

家康行列に藤岡弘、マジでキター!!!!!!







やるじゃん岡崎市。




「科捜研の女」を始めとする、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する

  


Posted by いたのり at 21:06Comments(2)

2016年08月07日

ロケ地GO!*またまた京都府警察本部

「神泉苑でヤドン、ゲットだぜ!」



河原町のかっぱ寿司前の坂本龍馬中岡慎太郎暗殺の碑や、三条会商店街のタイル貼り地蔵や、ライト商會の看板までがポケストで、本能寺と紫織庵がジムなのを笑いながら、久しぶりに家族で京都歩きを楽しむことができました。


三条会商店街のあそこ


かっぱ寿司の順番待ちしながら外国人観光客がプレイしてた


さて、今回捜したポケモン・・・じゃない、物件はこれ!

「853~刑事・加茂伸之介」853!!!

公式サイトは既に無いのでCS番組サイトへどうぞ
「853~刑事・加茂伸之介」



ここは「相棒・正月スペシャル」のロケにも使われました


お隣の京都府庁旧本館もロケ地でおなじみ

京都府警察本部・・・西側(府庁側)出入り口は京都サスペンスでおなじみの場所で、お隣の京都府庁旧本館とともにロケ地のメッカで、近くの京都府警察職員福利厚生会売店では、ここでしか買えないオリジナルグッズのお土産も買える、楽しい警察沙汰オススメスポットです。


テレビ朝日木曜ミステリー枠で2010年に放映された「853~刑事・加茂伸之介」ですが、警察本部の所在地が「京都市上京区下立売通釜座東入(しもたちうりどおり かまんざ ひがしいる)藪ノ内町85-3」(これは本当)だもんで、「ハチゴーサン」が京都府警を意味する隠語として使われてるという設定です。「-」あるからゲンミツには「ハチゴーノサン」じゃね?などとヤボは言わんどこ。

「マトリ」とか「ホンボシ」とか、独自の符丁の多い業界らしいから、大して疑問を持たずにドラマを見てましたが、本当に京都のお巡りさん達の間で使われてるのかどうかは不明です。


住居番号板(縦60mm×横120mm) 市役所で交付してもらえるそうな

ドラマでは、府庁側の出入り口の脇に所在地を示す青いプレート(正式名称・住居番号表示板)が、実にワザとらしく貼られていますが、実際にはありません。6年前の放映当時もそんなん見たこと無い。




建物半地下の武藤班のある(という設定の)場所はここから見える

反対側の新町通沿いの玄関にもそんなもん無い。この日は何やら出入りが結構あって、門衛のお巡りさんに訊くのも憚られる。


新町通側の府警玄関

表示板が無理ならば、せめて「所在地853がきっちり明記されたもの」を見つけようと、売店でポリスみやこストラップ(新登場!)買って、アイスコーヒー飲んで休憩して、再度警察署の周りを炎天下フラフラと歩く不審者。


「秘密 -トップ・シークレット-」は原作マンガが好き~┌(┌ ^o^)┐



ポスト、電柱と、地名が表示されたものを見かけては確認するんだけど、違うんだなー。


売店前のポスト

853仁丹看板でもあればウケるんだけどなー。(3年前まで豚児が近くに住んでいたので、界隈の仁丹看板は概ね確認、撮影した。)


日赤病院裏手の衣棚通のダブル仁丹看板

自販機の釣り銭口に所在地が示されているそうなので、それも探したのですが、美観上か防犯上かわからないが、近くの路上には何故か1台も見当たらない。


右側は京都府地方検察庁

府警察本部の前、でもって京都地検の前の新町通を上がった(北上すること)ら、以前あった交通警邏隊の建物を取り壊して工事中でした。

そう言えば、本部建物も老朽化したから建て直すって話聞いたよなー・・・待てよ・・・ってことは・・・つまり所在地が同じで、絶対に表記されている、されていなければならないアレがあるはずじゃね!?!


ここらへんは聚楽第関連が出土するかも

あったあああああああ!!!!!





建設工事の現場ごとに掲げる「建設業の許可票」っていうか看板。うむ、確かに853だ!854もある!ヤッター!!!

尚、「京都市上京区下立売通釜座東入藪之内町」から「京都市上京区下長者町通新町西入藪之内町」と変わっていますが、「ナントカ通り、東(西)入ル」というのは京都独特の言い回しで、一般的な住所表記だと「京都市上京区藪之内町」のままで、特に問題はありません。(書いても書かなくてもかまわないと言われた。但し郵便配達や宅配便の人には「通・西(東)入ル」があった方がわかりやすくて親切とも)

ということで、満足して京都府警察本部じゃない、ハチゴーサンを後にするオバサンであった。

ロケ地については、知ってる限り全部近日中にまとめる予定です。(できれば別サイトを立ち上げたい)


おまけ


加茂ちゃん(寺脇康文)が歩いた木屋町十軒町橋、特定しますたm9(`・ω・´)


ホンボシ~心理特捜事件簿~」の京都府警察本部


おみやさん」の京都府警鴨川東警察署

「科捜研の女」を始めとする、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する


  


Posted by いたのり at 21:33Comments(4)

2016年04月24日

「科捜研の女」のロケ地巡りをUPしました!

「科捜研の女」を始めとする、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する




(ここからがブログ記事です)

科捜研の女」の京都府警こと積水化学工業京都研究所の屋上反省会(笑)会場シーンで、気になって気になってしょうがないトコを探してみました。







屋上シーンで良く見るビル、ひとつはお隣の会社でしたが、もうひとつの「京都の街中でよく見かけるロゴ」のある建物が、近くに行ったらくもじいくもみ(@空から日本を見てみよう)が喜びそうな物件で、これ、京都上空の回の「トンガリ計測部」に出たっけ?


トンガリ杉ワロタwww


なんのこたーない京都信用金庫の立体駐車場



なーんだ、立駐かあ・・・ちょっとガッカリ。が、良く見るとコミュニティホールも兼ねてるようで、今度は、間取り(?)が気になってしょうがない。どーなってんだろー??

  


Posted by いたのり at 13:25Comments(4)