2010年01月20日

千本鳥居を裏から見れば*伏見稲荷大社千本鳥居

京都変なものフォルダに、超有名物件参入!

千本以上あるとか

千本桜、じゃねー!千本鳥居。
(いやあ、「BLEACH」の斬魄刀擬人化はいいっすねえ!)

狐が守る

伏見稲荷大社の千本鳥居・・・旅行ガイドなんかでは、こっち側から撮影した写真がデフォですが、実は裏から見ると各々の鳥居の奉納者、つまりスポンサー名が、ずらりと並んでいるんですわ。これは知らなんだ。

知ってる企業があると何故かホッとする

お金に縁がありますように

墨黒ぐろと書かれたスポンサー名・・・そりゃあテレビやガイドブックの写真には使えんわな。

大阪の企業が多い

でも、お稲荷さんは商売の神様。現世利益バリバリだから、これも一種の広告と考えれば、特に不思議な光景では無い。

(とすると、「電脳コイル」のアレも反対側からしっかり見ると、こういう夢の無い心象風景だったワケかw)

大型で目立ってます

電通なんて、大きなのが入り口際の一等地、雑誌で言うなら「表4」、いや「表2見開き」に相当するベストポジションに立っているんだぜ!出稿料いくらだろう?

地元じゃ有名優良企業

トヨタ系地元企業のデンソーの鳥居が3基もありましたが、信仰に厚いのかデンソー?豊川稲荷にも何か奉納しているのか?

山深い

山あいで寒くて途中で引き返しましたが、他にもどんな企業のがあるか、暖かくなったらまたじっくり見て歩こうと思います。ホントは親子で宗像教授ごっこがしたかったのよ。

鳥居と狐がいっぱい

明日の「和風総本家」で、鳥居の製作工場(京都にあるそうな)が取り上げられるので、楽しみにしているオバサンです。

伏見稲荷大社HP


追記・・・「和風総本家」によると、3m鳥居一基の初穂料は18万円だそうです。木製ゆえ寿命は約15年。当然ですが奉納者名は出ませんでした。





Posted by いたのり at 00:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。