2009年12月08日

日本的太宰的うさぎの刺繍クロス

山中越えのイヤなピーター・ラビットに続き、ちょっとアレな兎の刺繍クロスがあるから出す。

バアちゃん(母)が娘時代に作った品だから、多分、昭和30年前後のもの。「ちゃんと刺繍の手本の通りに刺した」そうで、元絵がこんなんだったんか。

真っ黒な状態で出土したから漂白した

宇山あゆみの著作で一躍知れ渡った、「バンビ」や「うさちゃん」等のベビー布団柄とはまた一味違う、極めて和風な「コドモノクニ」的な時代を感じさせる、可愛いがどこか「意地クソの悪そうな兎」だ。

4匹いる

赤い目でまつ毛があって、リボンでおめかししているから女の子だろう。性格はツンデレぽい。

ふと、太宰治が元々残酷な昔話を、更に男女間のアイタタな話にしちゃった「カチカチ山」の、「処女の残忍性」を遺憾なく発揮する兎を思い出した。






Posted by いたのり at 01:21│Comments(2)
この記事へのコメント
昭和30年前後ですか~、物持ちの良い御家庭ね。
うちの実家のまみぃと京都の姑もかなりですよ。
2人共50年前のスカートやコート今でも着てます。
レトロで返ってかっこいいきゃもね。。♪
Posted by しらふじ at 2009年12月12日 19:28
ウチの母の衣料は、デザインはレトロでステキでしたが、
戦後間もない物資の無い頃の物で、品質が悪い上に
念入りに虫除け対策をしすぎて、洗っても干しても樟脳臭くて
先日捨てたところです~。。。
仕舞いこまずに普段から使わないとダメですね。
Posted by いたのりいたのり at 2009年12月19日 01:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。