2009年12月01日

ホンダム町家に立つ!!*戦国魂京町家本陣

※戦国魂京町家本陣は2014年5月25日をもって閉店しました。


俺より強い奴に会いに行って来ました~!!!!!!

ワシには過ぎた家臣よ!

戦 国 最 強 !!! 
本 多 忠 勝 !!!


一昨年の東京ゲームショウで初お目見えした彼ですが、何故か現在は京都にいらっしゃいます。

どってことない京都の町並み

場所は「戦国魂 京町家本陣(せんごくだま きょうまちやほんじん)」。

戦国魂 京町家本陣公式サイト

戦国レキジョの皆様には、つとに知れ渡るお店です。
京都府庁から丸太町通を渡った南側で、二条城京都御所の中間地点ぐらい。

町家カフェではない

本陣というわりには、こじんまりした普通の町家です。なんつーかこう、「本陣!!!」ってバーンと提灯や旗指物が出ているかしらんと期待していましたが、暖簾だけでした。(景観条例で出せないのか?)

グッズ色々

戦国グッズの専門店で、レキジョ以外にも、パパがプレイ中の「ペルソナ3PSP」の歴史の小野先生が大喜びしそうなお店です。(エリザベスの依頼で、この先生から直江兼続のラブリー兜を貰うのだ。)

出入り口(非常口)を示す秀逸なデザイン

二条城に近く、かつての武家屋敷街ということで、ここに去年の8月にオープンしたそうな。いわゆる町家再生です。

加えて京都市の「商い創出事業(VIS:商業ベンチャー・インキュベーション・ショップ、要するに町に賑わいをもたらそう活動)」の支援を受けての起業だそうで、公式サイトによると、「戦国魂(せんごくだま)プロジェクトは戦国時代を愛する専門家が有志で立ち上げた「戦国時代専門の企画集団」です。戦国時代の素晴らしさをあらゆる角度からクリエイトし、産学連携によるまちづくり(地域活性化)と戦国美の発信を中心とした日本の活性化に貢献しています。」と、なかなかどうして一大プロジェクトです。

身長2m50cm

で、その見た目は思いっきり普通の京都の町並みから一歩中に入ると、いきなり彼がお出迎えしてくださる訳です。

このホンダムこと本多忠勝の登場するゲーム「戦国BASARA」ですが、カプコンの31期中間報告には「歴女~歴史好き女性~ブームの火付け役となり、戦国ブームを巻き起こした」との記述があります。「無双」涙目。

今年の東京ゲームショウでは、戦国武将をキャラクターとして捉えた、ヒットの仕掛人達によるトーク、パネルディスカッションが開かれていました。

カプコンとも色々繋がりがあってのホンダム着陣ですね。来年の「BASARA3」発売時にも、ここでイベントやるんだろうな。楽しみ。

槍を持たせたい

しかし、でけー。2m50cm。機巧槍を持たせたら天井突き破るな。もし持たせるなら、吹き抜けになっている京町家で言うところのハシリ庭(台所)に鎮座していただくしか無いだろう。「竈に水屋にホンダム」・・・想像するだに更にシュールな光景。


北条氏の家紋は「トライフォース」!

肝心の商品ですが、典型的な間口の狭い町家利用のせいもあって、売れ筋を絞っている感じで、量、種類ともにあまり多くはありません。そもそもホンダムの存在がデカすぎて、他に目が行かない。


先月、名古屋の徳川美術館に「戦国ふぁっしょん展」を見に行きましたが、売店にここの商品(旗指物タオル)がきっちり入っていて笑いました。今年の東京ゲームショウと言い、鎧兜ばっかり見ているなオレ。

徳川美術館、名古屋レキジョスポット


(自社商品じゃないけれど)最新の目玉商品は、海洋堂のアクションフィギュア「リボルテックシリーズ」の伊達政宗真田幸村

馬をハーレーのように乗りこなしてレッツパーリだ!

がっ!伊達の中の人(cv.中井和哉)が同じなもんだから、コレ見ても思い出すのは先々週のアニメ「銀魂」の、

「土方はん、おたくはレッツパーリしなくてええんですか!!ホントはあなたが一番レッツパーリしたいんちゃいますの!!ウズウズしてるんちゃいますの!!」
「何が言いたいんだテメーは!!これ以上世界を崩壊させかねん発言は控えろ!!」


のシーンでして、フィギュアを前にオタク親子は笑いをこらえるしか無かったっす。

その時歴史が

関連書籍やゲーム、何故か同人ペンネームでの挨拶(はじめまして!ナントカで~す!)で始まるのがデフォの、ファンの熱い思いが綴られたノートが置かれたコーナーがあり、テレビからは「その時歴史が動いた」が流れ、隅には家紋が入れられる千社札マシーン(一番人気)が置かれ、訪れた人がめいめい楽しんでいらっしゃいました。

ちょっとイタイ記述も多かった
子供曰く「全部は揃っていないな」
何故ある???"
書籍も色々
人気の千社札

2階では時折、おばんざいの夕食付きの戦国歴史講座が開かれるそうです。町家カフェっぽくていいなあ。

町家らしく中庭もある
伊達紋をアレンジ


忠勝は家康の上洛に随行したという設定なのかなあ?現実には大阪のカプコンの販促品保管倉庫辺りから出撃して来たんだろうが、パーツをバラして運搬じゃなくて、パトレイバーやダグラムみたいに、専用輸送車両に寝かせて搬入だったらいいなあ。できれば、バンダイ運輸でw

当然ある

でもって、いつかは三河に帰るんだろうか?
さすがに二条城でもカタパルトは無いだろうから、PSP「戦国BASARA バトルヒーローズ」でやったように、店の前から垂直離陸だ!

大伴昌司風に内部構造や秘密武器を解説した「ホンダムのひみつ本」を出してくれ、カプコン。

集客に一役買う

つか、もう一体作って、岡崎城に置いてくれないかなコレ。郷土の英傑なんよ。

徳川四天王の一人

1000円以上お買い上げのオマケ。
まんまカップ麺のタヌキソバの味





Posted by いたのり at 03:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。