2009年11月06日

謎の聖地の店*修学院

夕食時に「空から日本を見てみよう 秋の京都を一周発見」を楽しく拝見しておりました。観光シーズンになるとやたらめったら放映する「(ちょっと下り坂気味の)俳優が御案内する」旅番組や、「それではここでクイズです」タレント雛壇番組(後でやってた「和風ナントカ」はコレ系)と違い、地理、位置関係が良く分かって面白かったです。

アニメ以外でもやるじゃん、テレビ東京。

京大祭(11月祭)は一番最後、百万遍にて

さて、大学祭のシーズンですが、日曜日に京都造形芸術大学の大学祭では、「けいおん!」の山田尚子監督のトークショーが開かれました。去年の京大11月祭には「ストライクウィッチーズ」の監督が来たが、京造なら「けいおん!」しか無いっしょ!

去年は「パンツ」
今年は「けいおん!」

京造学祭ブログによると、山田氏はここを卒業されて、現在は京アニ勤務とありました。映画版「鴨川ホルモー」同様に、出てくる背景が「この辺の土地カンのある者の仕業」状態なのは、その為なんですかねえ、やっぱ。

わくわくさん来たる!

オバサン的には、NHK教育テレビの「つくってあそぼ」のわくわくさんを招いて工作教室をやったのが気になる。親子で良く見ていたなあ~。ゴロリは来なかったみたいです。シラベルとかシゴック先生とかストレッチマンブリブリ博士(おっと、これはNHK教育じゃなくって「ウゴウゴルーガ」だ!)・・・どれも懐かしいわ。

京大でハレハレダンスをやらないか?



久しぶりに修学院の電機店(タニヤマムセンとマツヤデンキ、北山通りを挟んではす向かいなので値段を比較してから買う)に行く用事があったので、せっかくだから一乗寺修学院方面の「けいおん!」OPの聖地の写真を撮ってきました。

修学院駅

普通、修学院と言えば修学院離宮だろうが!?と、京都観光を楽しみにする人(例・自分の両親)は仰るでしょうが、オタクにその言は届かないのだ。それに修学院離宮って、見学完全予約制じゃん。天候や体調におかまいなしで、いついつに行くだの来いだのマンドクセ。

紅葉ならば、詩仙堂近くの金福寺(こんぷくじ)みたいなマイナーな所の方が空いていてきれいです。

修学院駅前踏切

修学院駅、松ヶ崎橋など今更の風景ばかりですが、よろしかったらどうぞ。

松ヶ崎橋のとこの看板は健在
今はもう少し紅葉しています



橋の向こうのマツヤデンキに行く途中に、こんな店があります。

レトロビーバー

下の写真の、一澤&信三郎帆布近くにある鈴木古道具店程ではありませんが、かなり個性的な外観です。こういう所は、空からじゃあわかんないよな。

鈴木古道具店

店名「レトロビーバー」が「リトルビーバー」となって、チラッと「けいおん!」の背景に使われています。

チャージ料か?

入場料が500円!?ぼってね?なんか間が悪くて行くと休みで、まだ入ったことがありません。カラオケもやってるようで、何だろうな?コレクションから察するに、団塊世代のオジサンが開く趣味と実益を兼ねた店?

ラインナップが団塊ぽい

こういうコレクションを持つオタク(だよね?)の店主は、聖地巡礼の若い衆をどういう目で見ているのか、ちょっとお話を伺いたい。巡礼者目当てにちゃっかり商売してるし・・・つか、今年の夏から「ミュージアムカフェ」という業態にしたってことは、完全にオタク客をターゲットにしたってことじゃん。

今夏からこうなったらしい

とりあえず、定休日じゃあしょうがない。滅多に来る用の無い修学院ですが、フレスコにでも買い物に来がてら、開いていたら入ってみます。



以下は白川通の一乗寺方面の聖地、景観条例に配慮した地味なマクドナルドや、白川通曼殊院道交差点です。

界隈では珍しい駐車場のある広い店舗
信者の休憩地
どっちに行っても観光地


白川通曼殊院道の交差点は、東に行けば八大神社詩仙堂、西に行けば恵文社のある一乗寺の町、北は修学院、南は銀閣寺方面と、どっちに行っても観光地。紅葉シーズンの週末は、大層な人出です。バスで来るより叡山電鉄をオススメします。






Posted by いたのり at 01:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。