2009年10月23日

レキジョホイホイ・・・されねえ~!*時代祭

映画「鴨川ホルモー」ロケ地探訪第2回・・・の前に!(またかよ)

(日付変わっちゃったけど)今日は時代祭でした。

↓起源や行列の詳細はこちらへ
Wikipedia・時代祭

美術館内のカフェテラスから見物

首都が京都から東京に変わるまでの衣装風俗の変遷を表し、行列は明治を先頭にして江戸、安土桃山、室町、鎌倉、藤原、平安と遡っていきます。(吉野時代、延暦時代と更に細分化された感有り)

歴史好き女性、いわゆるレキジョには新撰組や維新の志士が好きな「幕末レキジョ」、戦国BASARA戦国無双でこの道に入った「戦国レキジョ」、陰陽師LOVEの「平安レキジョ」とおおむね3種類に分類されますが(厳密には「三国志レキジョ」が加わる)、これはもう全レキジョの嗜好に合うレキジョホイホイ状態!

見てすぐ分かったのはこの人だけ

・・・かと思いきや、
なんてゆーか、萌えねえ~!!!

秀吉はレキジョに人気が無い

公式パンフレット(1部800円、バイト学生から購入)には「時代祭~The Jidai Matsuri Festival~」とありましたが、神幸列がある以上は「うかれたお祭り(イベント)」というよりも、祝典という儀式的なニュアンスの方が強いのか、粛々と行列が進むのみでな~んか盛り上がらない。来年発売のBASARA3で、大いに人気が出そうな石田三成もいるってのにさ。

子供の扮装には萌える。カワイイ!

そりゃ、名古屋の英傑行列みたいな鉄砲隊の火縄銃実演射撃とかを期待していた自分が、そもそも間違ってるとは思うけど。

後発の行列イベントがどんどん派手になる中、京都故に衣装列を増やす以上のことはできないのかな?

キレイで目の保養になって悪くない・・・悪くないが目玉となるべき華が無いと言うか・・・。かと言って某名古屋まつりのように、「今年に限って直江兼続が登場!」みたいな変に世相に迎合したようなことはされたくないし、まして京都の街中でヨサコイソーランは踊られたくはない。

よいしょよいしょ
宮中の女性は輿
こちらも輿でラクそう

沿道から声援が飛ぶで無し、馬上の武者がそれに応えるで無し・・・これが「ウチはウチ、他所さんは他所さん」という、部外者が感じる京都のよそよそしさなんでしょうか?

BASARAの毛利のとこでこんな仕掛けなかったっけ?

「ここまで歩いて皆疲れた顔してるよって、やっぱり御所か市役所の前で見るべきやったなあ。」と桟敷席で話す声が聞こえます。それもあるだろうな。秋晴れで良い気候でしたが、やっぱ疲れるよな。

キルフェボン店員のバンダナ巻きより気になる巻き方

大名行列が、大鳥居前の(景観条例で)地味なセブンイレブンのとこで、延々と信号待ちしている姿に、昔の少年サンデーかマガジンに載っていた「もし徳川幕府が今も続いていたら!?(監修・大伴昌司)」というグラビア記事で、「高速道路をキャデラックで参勤交代!」という小松崎茂だったかが描いた、シュールなイラストをふと思い出したゼ。和宮様も赤信号御留だ。

交通法規遵守の大名行列
和宮様御留



応天門の前まで来ると、各々の行列の説明アナウンスがありますが、その最後の見せ場でも特にアピールするパフォーマンスがあるでなし、沿道の拍手もまばら・・・。寂しい。

やぶさめの演舞は無い

伊藤英明が信長に扮した「岐阜信長まつり」ぐらい、何かレキジョ(&その他女子)に強烈にアピールする要素があればねえ・・・。

全体にサービス精神に欠ける印象で、年々見物客が減っていると聞きましたが、不景気のせいだけじゃ無いと思う。

パンフ売りの服装は自由みたい

どうせならパンフレット売りも、なんらかのコスプレをして、観光客と一緒に記念写真に収まるぐらいの勢いでやって欲しい。黄色い買い物カゴを持って腕章つけただけの、いかにも学生バイト風で購買欲がそそられな~い。法被姿とか白川女っぽいカッコならできるんじゃない?

生花で高そう
淀君ゴール!

巡行のゴールは平安神宮ですが、祭りの間は観光客は立ち入り禁止で、最後の方で応天門の門扉の隙間からうかがったら、各自外拝殿に向かって参拝して終わりのようで、その後、神宮の左手から、裃姿の平安講社の方々や、着替えを済ませたらしい学生(フトコロにはバイト料6700円が!?)がぞろぞろと出てきました。(パンフレット売りの本部は右側の結婚式場の方)

のぞき
電チラならぬ神チラ
数を売ると歩合給が付く



行列の最後尾は重要な裏方の馬糞処理係(行列の間にもいる)の軽トラと、京都市のエコカーで、交通規制が解かれた直後に歩いたら、道路がほのかに馬糞臭かったです。

農耕馬?
大事な役目
また来年~

追記・・・大正期の異色日本画家で、溝口健二のもとで映画の時代風俗考証をしていた甲斐庄楠音が、この時代祭の衣装考証をしていたと小耳に挟みましたが、詳しいことはわかりませんでした。





Posted by いたのり at 02:10│Comments(6)
この記事へのコメント
うちの長女もレキジョっちゃ、レキジョで高校時代は新撰組一途。今は戦国バサラで兼続コス。でも親の願いもむなしく時代祭りのバイトは無理って断られました。いたのりさん、祭りを目の当たりにされたのですね。ウラヤマシイ。。。。今度はいつ京都に行けるのか…。TVで京都という一語を小耳にはさむと飛びついてみている毎日です…。
Posted by すー at 2009年10月24日 22:00
戦国BASARAの兼続…すいません、戦国無双の兼続じゃないの?と
子供が気にしております。
(無双の方はカッコ良く、BASARAの方はザコ敵扱いなの)
京都は町自体が「レキジョホイホイ」で、先日友人を、本能寺や池田屋跡
(現居酒屋)等に案内したそうです。

またゆっくり娘さんとレキジョツアーを楽しんでくださいね。
Posted by いたのりいたのり at 2009年10月31日 02:41
そうなんです!すぐ、そういや「バサラ」の悪口言ってたな、無双だった、と思い出したのですが、オタクではない私は「ま、どっちも同じようなもんだろう」と思って…。そうなんですか、ザコ扱いだったのですね…勉強になりました^^
Posted by すー at 2009年10月31日 14:32
やっぱり無双兼続でしたか~!
「いや、ここはあえて漢らしくBASARA兼続で『俺は戦国最強~!』と
叫んでいるのかもしれん!」と、親子で変な想像までしちゃいました。
ゴメンナサイ、娘さんに謝っておいてくださいm(__)m
Posted by いたのりいたのり at 2009年11月06日 01:44
学生時代、時代祭の経路にあたる三条神宮道の交差点でコケました。
バイクに乗って国道1号を山科方面から坂を下って来て、平安神宮方に右折しようとして線路上でタイヤがスリップしてしまいました。そう当時は京阪京津線が走っていたのです。「イタタタタッ…」でしたが、幸いケガはなし。しかし私の後ろから走ってきた電車が前を走っていた乗用車の後方に衝突しました。大きな音がしました…。この1月16日、28年ぶりに現場を訪れました。線路と電車がなくなった三条通は当時より小さく見えました。よくこんな狭いところを電車が走っていたものです!三条京阪の前もすっきりしていました。京阪電車は地下に入りましたが、地上にあった頃の方がこの界隈も活気があったなぁ…と一人感傷にふけっておりました。
Posted by 東山三十七峰 at 2010年02月05日 21:19
エエエ!何か東山さんのバイク事故に因果関係でもあるような…。
去年、京津線(大津線)で石山寺まで行きましたが、浜大津の手前で
地下から出て路面電車になったのが、懐かしくも嬉しかったです。
京阪三条駅は利用客が多いくせに、スーパーマーケットやお惣菜の
店が無いのが大不満です。

寺町通や木屋町にも、戦前は路面電車が走っていたことを知り、
あの狭い道を!?と驚きました。
空き家の町家が点々とある今より、ずっと賑やかだったのかなあ。
Posted by いたのりいたのり at 2010年02月12日 01:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。