2008年08月10日

こどものゆかた1*金魚と水草

一応ここは「京都旅行」だけでなく、「アンティーク・レトロ雑貨」カテゴリーにも登録してありますから、好きで集めた物も載せる予定です。


で、こどもの浴衣生地です。

小さい子の浴衣は「白地に金魚」!!!
異論は認めん!

ついでに言えば、水草がある方が絶対に可愛い!



今時の浴衣ってば、材質や織りはともかく色柄がどうにも暑苦しい。金魚柄も良く見かけますが、妙にクドくていけません。大人用も子ども用も。

その点、昭和30~40年代に主流だった金魚柄は良いねえ。レトロ趣味とか郷愁抜きでもステキで、目にも涼しげだ。

金魚の浴衣に、金魚の尾ひれみたいなふわふわの三尺ひもを結ぶ・・・。

お盆の頃の夕方、お風呂上りにまぶされた天花粉の香りと、着付けてくれた祖母のしわくちゃな手が思い出される。





Posted by いたのり at 01:30│Comments(2)
この記事へのコメント
 全く同意見です、賛同、賛同。3歳のおちびに初浴衣を着せたいのです。じんべいは浅草で白地に赤の金魚を見つけて着せましたが。
Posted by 冨田吉美 at 2009年04月13日 16:40
はじめまして。コメントありがとうございました。
おチビに着せるのは「金魚柄」で決まり!ですよね。
私も既に品薄だったデッドストック生地を探し、縫って着せました。
終わったような商店街の呉服店が狙い目です。
Posted by いたのりいたのり at 2009年04月15日 00:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。