2009年09月17日

平安シアトル系眺めの良いカフェ*六角堂隣のスタバ

引き続き六角堂、正確には「六角堂の隣」でございます。

六角堂の隣・・・意外!?それはスタバ!!!

ほっこり修行タイム

眺め良すぎ

なんっつーかもう、本当に隣も隣で、見よ!この眺め!!!
西側がガラス張りで、お堂がバッチリ!
なんというありがたいロケーション!

お隣

隣のビルにあるスタバなんすけど、寺側にもドアがあって直接出入りできるんだわ。(お寺の閉門10分前になると出入り禁止になる) 

さすが京都。景観条例の「烏丸通りからガラス越しに見える六角堂を遮らない」という条件を満たすために、全面ガラス張りの大きな窓になったんだそうな。(HP参照)

スターバックスコーヒーHP・京都烏丸六角店詳細

夜間はライトアップされる六角堂が、烏丸通側から見えるって。かっけ~。

4時50分閉門

しかし、シュールだ。「聖☆おにいさん」のお二人さんが、仲良くキャラメルマキアートを飲んでいても驚かんわ。

くつろぎのひと時

せっかくだから何ぞあやかる品をってんで、カフェコンパナを注文しました。クリームが六角形。

好物

六角堂は車止めも六角形。厨子はハニカム構造・・・ということはありません。

車止め

漫画家諸先生及び、「ガンダムの神様達」のサインや絵が眺められる近くの京都国際漫画ミュージアムのイクスカフェに次ぐ「絶景カフェ」として、謹んで認定させていただきました。

居心地が良いせいで客の回転が悪いのが難ですが、窓側の席は待つ甲斐があります。

狭いが緑が多くて静か






Posted by いたのり at 00:36│Comments(4)
この記事へのコメント
私の人生の中で最も印象に残る喫茶店は堀川北山を上がって西に入ったところにあった(今はたぶんないはず)「アップル」です。私が高校3年の頃ですから、昭和49年(1974)のこと、友人から面白い喫茶店がある、と教えられて行ったのがきっかけでした。その友人は南区の高校からはるばる北区の総合資料館までバイクで自習に出掛けており、その途上で「アップル」を見つけて入ったそうです。
「アップル」は閑静な住宅街の一角にあり、看板は掲げられているものの、造りは全くの個人住宅でした。
我々は靴を脱いで上がり、応接間に通されます。応接間のソファにはペルシャ猫がおりました。喫茶店に来た、というよりはちょっと裕福なお宅におじゃましましたという感じでした。部屋にはステレオがあり、その横にはレコードラックがあって、客は好きなレコードをかけて聴くことが許されています。私はそこで井上陽水の「氷の世界」を聞いた記憶があります。
アップルで、ケーキかサンドイッチか何かを食べておいしかったような記憶があるのですが、はっきりしません。当時の高校生には高額で、コーヒーだけで700円ぐらいしました。
高校を卒業してからアップルに行ったことはありません。あの界隈を通ったこともありません。たぶんもう閉店されたのだろうと思います。
おそらく、お金に余裕のある方が趣味的に経営されていた店なのだろうと思いますが、アップルのことを知っている人がいたら、いろいろと話を聞いてみたいなどと思っています。
このブログを偶然訪れてそんなことを考えてしまいました。
現在の私のお気に入りカフェ(というより本来パン屋ですが)は西陣の「インフィニティはちはち」です。
楽しいブログをありがとう。また寄ります。
Posted by Nagino at 2010年02月13日 16:47
はじめまして。コメントありがとうございました。

個人住宅の「知る人ぞ知る」喫茶店って、たまにありますよね。
でも、「よそさんには冷淡」と聞く京都で、そういうお店がある(あった)
ことに驚きです。(東京には裕福どころか普通すぎる家で、玄関ではなく
茶の間の掃き出し窓から靴を脱いで出入りするスルドイ店があると
友人に教えられましたが、行く前に無くなりましたw)

ファミレスやファストフード店やカフェチェーン店がそこここにある今と違い、
学校の帰りに入れる店は限られていて、ちょっと背伸びした気分で
友人と入ったお店は「純喫茶カトレア」とか、いかにもな名前と雰囲気
だったことを、Naginoさんのコメントで思い出しました。

ドイツパンとカフェの「はちはち」は、カフェ本やパン本で名前を知るのみ
ですので、西陣方面に行く機会があれば入りたいです。
食べ歩きや観光にあんまり役立たない、趣味に突っ走るブログですが、
また是非お立ち寄りの上、京都のお話や、懐かしいお話を
お聞かせいただければ幸いです。
Posted by いたのりいたのり at 2010年02月19日 03:51
六角堂のへそ石を知ったのは中学生の時。岩波新書で林屋辰三郎著「京都」に写真入りで掲載してあるのを読みました。(初版は確か1961年だが、なぜか現在でも再版を重ねているロングセラー)学生時代の「いつでも行けるやろ!」パターンでとうとう行かずに卒業。この一月にやっと参拝しました。訪れたのが早朝だったこともあり、静かな雰囲気で下町風のたたずまいを感じました。スタバはあまり意識しませんでしたが、違和感を覚えることはありませんでした。
Posted by 東山三十七峰 at 2010年02月19日 19:41
「へそ石」ですが、自分も何かの書籍の写真で知り、実際に見たら
思ったよりもずっと小さくて、「これが京都の中心なの?」と少し
がっかりでした。

高層ビルに挟まれたお寺さんですが、静かな落ち着いた佇まいで、
錦市場や四条にも近く、鳩に豆をやりつつ和むも良し、隣のスタバで
一服するも良しのオススメの「観光&休憩スポット」です。
Posted by いたのりいたのり at 2010年02月24日 01:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。