2008年08月25日

古本屋ちゃう!*寺町三条 三月書房

三月書房」は、寺町通の「村上開新堂」の道を挟んだ斜め向かい。
大型書店の進出でどんどん数が少なくなっている、ごくごく普通の町の昔からある本屋さんそのものです。




本屋さん・・・いや、何だか入り口際のショーケースや、全体のレイアウト、品揃えを見ると失礼だが「古本屋さん」に見える。「京都読書空間」だったかな?これを予め読んでいなかったら、絶対に「ここって古書店ですか!?」と訊いていたと思う。

詳細はこちらから
寺町会ホームページ
(「古本屋ではありません、新本屋です。」とある。ブログもありました。)

芸艸堂(うんそうどう) も寺町通にある

そんな一見古本屋と見紛うような、一般書店ではお目にかからない、あったとしても他の大量のベストセラー本に隠れてしまうような、ちょっと変わった本が並んでいて、逆に店頭に並ぶ普通の雑誌類が霞んでしまう、そんな面白さがありました。

店構えが地元にある古本屋に似ているのよ~

通販でお世話になっている中野ブロードウェイのタコシェや、地元なら名古屋今池のウニタ書店みたいっつーか、店主の趣味が前面に押し出されて清々しいって言うのかな。

店内から村上開新堂が見える

吉本隆明とかガロ系の全体が学生運動っぽいノリなのに関わらず、漫画やサブカル本を扱っていても、この夏他所では並びまくりの押井守関連がほとんど無いのも、個人的に大変気に入りました。
(他の作家の作品のどれを使っても、革命前夜、戒厳令の夜といった自己陶酔ムードに改変するから、オバサンは嫌いなのである。主役級のメカ、パトレイバーやフチコマを無視するのも許せん。)

古書店のショーケースっぽい

脱線したけど、こういう内容の本、こういうタイトルの本、この作家の本・・・と、目的が最初から決まっているなら一般大型書店やアマゾン辺りで調達すれば早いが、そうじゃない、「何か面白いもの無いかなあ~wktk」という、ブラウジングの楽しみと好奇心を満足させてくれる品揃えで、小さなお店なのに一家で結構長居しちゃいました。

新刊本が自然に古書として「かもされて」しまうようなレトロな店内の雰囲気も含めて、我が家的にはガケ書房恵文社よりポイント高いです。

寺町通りは楽しい!また来よう

この日は、カストリ雑誌時代のエロ考察本だの、吸血鬼の歴史本だの、たまたま出会えたヘンな楽しい本を、めいめい買って帰りました。親子3人、布団でゴロゴロして読みつつ、京都の夜は更けるのであった。





Posted by いたのり at 21:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。