2009年07月24日

このまちだいすき*開店!なぞのお店

きみが~ボールをおいかける~ その~グラウンドを~
せんねんまえに さむらいが うまにのってかけぬけた~
(うた・山本正之)


リアルにそうだから、京都。
(500年程前の応仁の乱辺りが一番駆け抜けてそう)

千年前って紫式部が美少女ゲームの原点「源氏物語」を書いた頃だな。(ロリ有り、人妻有り、義理の母有り、ツンデレ有り、ブスっ子有り、身分が低いの~メイドみたいなもん~有りと、既にこの時代に描ききっている!そういう面では全く進歩無いのねオトコのひとって。石山寺方面のルポはまた後日)

開いてるの初めて見た!

チョーさん、シラベル気分で、京都の町を探検するオバサンですが、東大路を八坂神社方面に向かう206系統のバスに乗って、ぼんやり外を眺めていたら・・・

開いてる~!!!
例の謎の店が開いてる~!


次の停留所知恩院前で慌てて下車して、来た道を戻りました。(その途中に一澤&信三郎帆布がある)

相変わらずスゲー

相変わらずオブジェと言うかインスタレーションと言うか、芸術性が感じられる2階ベランダ展示品もスゴイですが、ショーウィンドウがまたスゴイ!

垂涎の品

この品揃え!この貴重品の数々!
防犯サイレンが鳴るどころか、高圧電流が流れていてもいいぞ!

店内はこれどころではない

お店の名前は「鈴木古道具店」と平凡で、間口こそ狭い角の駄菓子屋といった風情ですが、一歩中に入るとそこは、めくるめくレトロオタクワールド。

店内は写真撮影禁止。ここは自分も出したくない。実際に行って見て!としか言えない。(シゴック先生、詳細レポートはカンベンね!)

何しろ買取は一切してなくて、全部御店主が昔から持っていた品なんだそうで、只事じゃありません。(もちろん販売はしてくれる) TV取材を受けたり、某映画に品物を提供したりと「知る人ぞ知る」店らしい。

駄菓子屋風たたずまい

バッチリ購読していた頃の水森亜土表紙の別冊少女フレンド、中原淳一や内藤ルネグッズ、大阪万博前後の少年雑誌、付録マンガ、駄菓子屋や夜店に並んでいた駄玩具の数々と、オバサンの琴線にビンビン触れる物がいっぱいで、御店主のレトロ談義も「そうそう!そうなのよ!」と激しく同意することばかりで、しばし時間を忘れました。

宵宮奉納の鷺踊

建前は土日午後の営業ですが体調気分次第だそうで、この日は宵山でしたが世間は平日。たまたま開けていたところを偶然通りかかれたのであって、この後八坂神社に詣でて、良い御縁があったことに大いに感謝し、奉納鷺舞を見て帰りました。

今度はパパ(同い年のオタク旦那)と訪れよう!





Posted by いたのり at 01:36│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。