2009年07月10日

祇園祭のひみつ1*山鉾の原型・一乗寺 八大神社*

宵山=屏風とか飾ってあるんだって~程度の認識で臨んだ昨年でしたが、今年はもうちょっと色々勉強してから行こうと、改めて「らくたび文庫 別冊 京の夏、祇園祭」を読んでいます。

三条にて

「見る」主体の山鉾巡行とは違い、宵山は実際に行って「体感」するものだと思いました。池波正太郎のエッセイにも、その楽しさが綴られていましたが、どうもピンと来なくて、でも行ってから読み直したら納得する部分が多かった。

コンパクトで便利


山鉾の多くは、円山公園の枝垂桜の近くに建てられた「祇園祭山鉾会館」に保存してあります。

鉾も山も保存

道路(枝垂桜のある方向)に向かって出入り口があり、各山鉾名が掲げられています。出し入れする舞台裏を見てみたいな。出入り口が高い位置にあるのは、湿気対策と運搬するトラックの荷台の高さに合わせてある為と思われます。

重要有形民俗文化財指定


らくたびに「豆知識」として記されていましたが、山鉾の原型とされるのが「剣鉾」という長い棒の先に剣(鉾)が取り付けられた祭具で、持ち手(差し手)は鈴を鳴らしつつ、神様の通る道を清め、悪霊を鎮めるそうです。

八大神社

らくたびには「粟田神社等に伝わる」とありましたが、宮本武蔵の「一乗寺下り(さがり)松の決闘」で有名な、詩仙堂のお隣の八大神社の祭礼にも伝わっています。

元祖!山鉾

5月の連休で行った際に偶然見ましたが、年長者の差し手の方々が指導する中、後継者らしき少年が、懸命に練習をしていました。

指導中

ここでも後継者不足が・・・

この日の八大神社拝殿前には、吉田神社の節分祭の四つ目の鬼「方相氏(ほうそうし)」が持っていたような盾と鉾が両脇にありました。普段は飾ってありません。

鉾楯が両脇2セット

良く見ると、提灯の神紋が八坂神社のそれと同じです。神社のサイトを拝見しましたが、これについての言及はありませんでした。

神幸列の先頭を巡行する祭具「柏」「龍」「菊」の三基の剣鉾を所蔵とありましたが、写真のものは練習用かな?「斧(よき)」「琴」「菊」じゃないのね。(どこの犬神家だよ)

八大神社公式サイト

つづく

御神輿も立派

一乗寺の氏神様です






Posted by いたのり at 20:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。