2008年07月28日

きんたろうが待つお店*ライト商会*

新京極より静かで古くからのお店も多くて面白い、そんな寺町通のぶらぶら歩きお休み処は「ライト商会」。

向こうの通りは新京極

池波正太郎のエッセイに登場する寺町通沿いの老舗バー「京都サンボア」から入った路地です。(甲部歌舞練場の裏手には「祇園サンボア」があります。)

京都は池波物件も多くて、食べ物エッセイが好きな自分はとても楽しい。豚児は時代小説(「真田太平記」とか)読んでいますが、「この人が描く食べ物って、焼いただけの丸餅でさえすっげーうまそう!」と言っています。「剣客商売」に出てくる料理も美味そうだぞ~!



WRIGHT商會」が正式表記かな?骨董・・・というよりレトロな大正浪漫的アンティークショップで、店内はカフェも併設。通りから一歩入っただけなのにとっても静か。

きんたろう店長に会いたいのですが、今日はいるかな?
・・・ドキドキ。

後ろに飾られたいちまさんが店長のお気に入り

店先の店長、ちょっとダイエットしたそうです

いらっしゃいました!

今春、タウン誌「Lmagazine」の表紙にも大抜擢された京都の有名猫店長さんです。

Lマガの表紙になったよ!

ある日突然、お店に迷いこんだ猫ちゃんだそうで、そのまま居ついたんだとか。どうにも洋風の名前が合わない風貌で、ついた名前が「きんたろう」。以来、日々ここで招き猫として働いて(?)います。

(一昨年のLマガの猫特集だと「金曜日に迷い込んだから金太郎」という話が載っています。)

店内の見回り中

客席のチェック中

猫好きなお客様には、膝に乗ってそのまま丸くなって眠ってくれるサービス精神満点の店長さんです。あ~も~たまらん!

ゴロゴロ~

眠い?フラッシュがまぶしい?

前来た時はお店はお休みで、雨の中、店長はひとり悠々とショーウィンドウの市松人形に膝枕をしてもらってお昼寝中でした。お店の方の話では、一番のお気に入りの場所だそうです。もうこの人形は売れないねえ。店長私物にしないと。

名刺もあるよ~!

アールデコなカップ

カフェで供されるコーヒーや紅茶のカップは、旧帝国ホテルを設計した建築家フランク・ロイド・ライトがデザインしたものの復刻で、デコっぽくて雰囲気満点。販売もしています。コーヒー豆はオオヤコーヒー。昭和レトロなガラス器に入ったクリーム蜜豆も美味でした。シベリアケーキのセットとか、他にも気になるメニューがあります。

シモンドールが右側にいます

お店の奥には怖くて値段が聞けない大きな四谷シモンのシモンドール、ビスクドール、市松人形、自由人形(市松人形の手足が動いてポーズがつけられるの)が展示してあり、猫好きな人形オタクにとって天国です。

可愛いいちまさん

店長お気に入りの子

アーケードは無くなってしまいますが、御池通を渡って市役所の向こうにどんどん上がった(北上した)所の「一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)」の少し手前の「村上開新堂(むらかみかいしんどう)」も池波正太郎のエッセイに登場します。ロシアケーキを一度買って食べてみたいな。今度行ってみよう。


ライト商会でシベリアケーキを味わいました





Posted by いたのり at 00:08│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。