2008年07月27日

宿命の対決*一澤信三郎帆布vs一澤帆布*

兄と弟の宿命の対決!

こう書くとカッコイイんですが、遺産相続争いとなるとどうもしまらない。遺産は遺産でも「一子相伝の秘儀」とか「一族の選ばれし者のみが使える究極魔法」「代々伝わる聖なるなんたら」等を巡る兄弟の戦いなら、ちょっと萌えるのにね。多分に中二病的だが。

すぐそば

そんなワイドショーネタにもなって、タクシーの運ちゃんに「京都の恥や・・・」とまで言わしめる(マジで言ってた)、東大路通り沿いの「一澤帆布(いちざわはんぷ)」&「一澤信三郎帆布(いちざわしんざぶろうはんぷ)」です。

お家騒動で分裂してから、バス停の知恩院前東山三条の中間辺りで、通りを挟んではす向かいに睨み合っていた2軒ですが、この春、同じ並びに信三郎帆布が移転して、間に道とお店が2軒あるだけの近さで、見ようによっては仲良しな状態になりました。

仲良く並んでいます

店を継いだ長男さんですが、友人の両親が愛知県の岡崎市(京都の岡崎ちゃう!)で手広く商売をしているのですが、「もと東海銀行ねえ・・・多分知ってる人だ。」と言ってます。世間狭すぎ・・・。

一澤帆布ショーウィンドウ

信三郎帆布ショーウィンドウ

で、元社長が元々いた職人さん達と共に新しく立ち上げた信三郎帆布の方が、やはり心情的にも、また材料も作り手も変わらない、デザインのパテントは一澤帆布のもので使えない分、色々な新しい形の商品を展開していて人気です。

休日午前中に行きましたが、早くも行列。カタログ通販を始めたそうだから、少しは解消されたかな?通学用のショルダーとお買い物用のトートバッグを購入しましたが、確かに丈夫で使い勝手が良いです。(ロフトで買ったトートなんか、1年も使わないうちにくたくたになっちゃったもの。)

「かばん」と読む

聞くところによると、去年、信三郎帆布に、「じゃらん」のCMでおなじみの猫ちゃんのにゃらんちゃんが取材に来たそうです。

最初、「ネコが取材に行きますので・・・」と、じゃらん編集部から連絡があり「そんなアホなと思っていたら、ホンマに猫が来よった。」(社長談・これホント!) 

小さな小さな猫ちゃん用バッグを作ってもらったそうです。職人さんが縫製作業の間中、ミシンの脇でいい子で待っていたそうな。うわあ、想像しただけでも(*´Д`)ハァハァ 首から帆布バッグを下げて帰る猫。・・・た、たまらん。

じゃらんHP
「にゃらん×一澤信三郎帆布オリジナルエコバック制作秘話2007」

「にゃらん×一澤信三郎帆布オリジナルエコバック制作秘話2008」

丈夫です

商品開発に力を入れていますが、パソコン用を作ってくれないかな?
いかにもビジネスっぽいのか、ウレタンかなんかの安っぽい素材の品ばかりだから、タグの付いた帆布のパソコンバッグにi-Bookやi-Macって良いと思うんだけど。(一澤帆布からは何故かマウスパッドが出ている。)小物関係なら、PSPのケースを作って欲しいなあ。


にゃらんちゃんのポストカードがオマケになっていました!





Posted by いたのり at 22:08│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。