2016年03月25日

京都ネコ&ロケ地歩き*哲学の道

哲学の道の猫スポットは、豚児が北白川住まいの時から、結構知られた場所でしたが、造形芸大のが近くて、もっぱらモフモフ補充はそちらに行ってました。(久しぶりに行ったが一匹もいなかったorz)

哲学の道散策の前に「ふろうえん」でお昼にしたかったのですが、しばらく休業だそうで、銀閣寺湯も廃業でしょんぼり。


1軒挟んで向こうは甘味の銀閣寺喜み家

鹿ヶ谷通に出て「GOSPEL(旧おてんばKIKI)」で休憩にしよう。




GOSPELは2階、1階はアンティークと古書と喫茶の迷子

ここ、「おみやさん」と「狩矢父娘シリーズ(17) 京都・開運ツアー殺人事件!(美しい絵葉書に隠されたドロドロのダイイングメッセージ!?犯人が触ると逆巻きになる朝顔のツルの謎!!)」で続けてロケに使われていました。



ヴォーリズ建築事務所が手がけた洋館がステキなので、訪れるならバラの咲くシーズンがオススメです。(個人的に1階の「迷子」の方が昭和レトロ趣味で好き)






レコードとオーディオセット(スピーカーは山水が輸入販売していたJBLパラゴン)に注目




哲学の道は、銀閣寺近くこそ中国人団体客が大勢歩いていましたが、南禅寺方面にしばらく行くとほとんどひと気は無く、道沿いのお休み処も休業、工事中という、いつもの「シーズンオフの京都」。


哲学の道とベンチも鉄板ロケ地




そんな閑散とした道で、突如の賑わい。そこが目指す哲学の道の猫溜まり。





その昔、俳優の栗塚旭氏経営の喫茶店「若王子」への入り口だった所ですが、営業中はとうとう訪れることができませんでした。道から眺めると建物はほとんど廃墟状態で、80年代ファンシーっぽさを醸し出していた装飾用であろうワゴンや看板が、いよいよ荒廃している感じで、以前あったアヒルのオブジェも無くなってた。


2009年撮影





猫たちは最近良く聞く「地域猫」になるのかな?「エサやるな!(怒)」という過激な貼り紙は無かったですが、「いいか、マナーは守れよ。迷惑になったら・・・その時はわかるな?」というニュアンスの文言が並ぶ。





ワゴンが寒くないようビニール張りされてて、猫が団子になって入ってる!




入ってる~(*´▽`*)





エサに不自由しないのか、どの猫もふくふくとしていました。


ところで、「北白川で猫」と言えば、火村英生准教授ですが、ドラマでは何故か上七軒にお住まいのようで、こちらのロケ地についても近日中にまとめたいと思います。


右手前が下宿設定の家。お茶屋さんでも何でもない一般のお宅のよう


猫に満足したので、近くの熊野若王子神社にお参りし、南禅寺まで足を伸ばしました。




八咫烏のおみくじを引く。カラス達が小馬鹿にしているような顔でなんかムカつくw

更につづく





Posted by いたのり at 20:31│Comments(2)
この記事へのコメント
京都御苑の南のほうの枝垂れも七分咲きで、いよいよ春です。

ふろうえん、ご存知だったんですね!
ご主人がご病気で、表には五月頃まで休業中と張り紙がしてあります。
早く再開してほしい地元民です(^ ^;;
ああ、お魚セットやハンバーグセット、早く、また食べさせてもらいたいものです!
Posted by めじろ at 2016年03月29日 19:12
久しぶりに北白川方面に行くなら、ふろうえんでお昼!
そう決めていたので残念でした(´・ω・`)
早くご快癒されて、美味しいハンバーグやエビフライを
食べさせていただきたいです。

桜は今は原谷苑や御室桜が見ごろでしょうか?
京都は種類や場所ごとに、満開の桜が見られる時期が長くて
羨ましいです。
Posted by いたのりいたのり at 2016年04月09日 17:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。