2016年01月20日

すごいよ!!真猿さん*新日吉神宮・猿が辻・辻和金網

新年早々申年だからって、NAVERまとめに新日吉神宮(いまひえじんぐう)の狛犬ならぬ狛猿画像パクられて、盗用・無断転載禁止なんて、ヤボな文言をブログに付け加える羽目になったオバサンです。くっそー!本家の意地見せたるわ!

(調べたら他にも色々画像パクられてた。転載ツイートは削除できるが、画像は直リン部分は差し替えで消せても、本文サムネイルは消えんとな!?)


(*`Д´)ノ!!!阿の猿画像パクられたウキーッ!


こっちは吽

新日吉神宮HP

後白河上皇が御所の守護神として、滋賀県大津にある日吉大社(ひよしたいしゃ)を勧請(かんじょう)し、「新しい日吉神社」として創祀(そうし)されたのが新日吉神宮。それで日吉山王の御神猿(「まさる」と読み、「魔が去る」大変縁起の良いおサルさん。新日吉神宮では「真猿」とも)が、ここと御所の鬼門に御座すのだな。

猿の彫像ってのは、夜になると勝手に動き出して悪さをするのがお約束みたいで、それで金網に入ってるそうですが、神様のお使いとして働く日中も出歩けなくね?とツッコんではいけない。

新日吉神宮では、手水まで金網貼りで可笑しかったです。手水が悪さをするのではなく、これは外部からのいたずら防止かな?狛猿のも、いたずら防止盗難防止の方が納得できます。




精緻な網目が湯豆腐をすくう網(とうふすくい)を思い出させる

境内をぶらついてたら、耳奥にキーンというかジーッというか、変な音がするので出処を探ったら、猿の近くに超音波猫撃退器が設置されていたので、手水のは猫避けなのかも。


ネコの被害でお困りの方へ、センサーでネコをキャッチし超音波を放射!
ユタカメイク ガーデンバリアGDX-M 感知範囲25㎡



京都御所の猿ヶ辻は、その名の通り、北東の角の凹んだとこ(表鬼門)の塀の屋根の下の腕木の奥に、日吉山王の御神猿が御座します。こちらも全部金網貼りで、細部が見辛いです。


金網と監視カメラでがっちりガード




かろうじて横向きで烏帽子を被り御幣を持っているのが確認できる


猿とは全然関係無いけど、金網物件で一番感動したのはコレ。





御所南の辻和金網の看板。夏場の夜間なんかは、虫よけに電流流して金網デスマッチ状態になるのを妄想。

親戚筋らしい高台寺近くの金網つじ焼き網は、底がセラミック付きで遠赤外線効果があって良さ気ですが、タワシでガシガシ洗えないそうで、辻和金網のを購入しました。新日吉神宮の手水の網も、こういう専門店が作ったものかもしんない。

つじの焼き網は現在は洗えるセラミック網に改良されている)



「これでトースト焼いたのUPしたら、このミもフタも無いサツバツお笑いブログも、かもめ食堂的ほっこりていねいに暮らす系ステキ京都おさんぽブログになるかしら!?」と思って写真撮りましたが、うp主にセンスが無いから「(旧)クウネル」みたいにはならずダメだこりゃ(´・ω・`)


ビンボー臭い画像で、焼き網を作られた御主人に大変申し訳無い

通常の家庭用二口ガスコンロだと、Siセンサーが作動して使えないのが難で、簡単にセンサー解除できない機種も多く、取説にも「解除できても、直火で焼き網の使用等すんな!」とある。

一昨年辺りからオタクの終活に加えて、断捨離というか老前整理というかミニマルな暮らしを目指すというか、マ、色々片付けてて、熱源はオーブンや電子レンジと他にもあるからと、試しに一口コンロにしたら、掃除も楽だし、この焼き網が使えて、お正月は焼餅が素晴らしく捗りました。




脚付きの蒸し網も購入。大型の蒸し器が不要になった(^o^)

新日吉神宮のゆるキャラ物件と周辺についてはこちらへ





Posted by いたのり at 22:31│Comments(2)
この記事へのコメント
お晩でございました♪
新年最初の話題が、お猿とは縁起が良いですなあ♪

焼き網。ワタシは、百円ショップのセラミック(?)二重網を使って、やはり食パンや餅を焼いてます(^w^)
ガステーブルが天火防付きなので、カセットコンロを使ってます♪


ては、流感に気を付けて、新しい年を乗り切りましょう(^o^)/
Posted by 孤星 at 2016年01月21日 21:59
猿に縁のある神社かあ~と、ネットで色々見てたら
パクリ画像見つけて、縁起良いんだか悪いんだかでしたorz

百均の焼き網をいくつも錆びさせたズボラ主婦なので、
ステンレスのを買って来た次第です^^;

今年は良い年にしたいです(^人^)オネガイ
Posted by いたのりいたのり at 2016年01月30日 01:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。