2009年06月17日

シャーク深町は探偵でカレーを孤独にグルメする

カレーネタ続きで、「喫茶 探偵」で探偵カレーなるものを食しました。(メニューにそう書いてあるし)

孤独のグルメ

店主の林海象監督がレシピを忘れたとか、色々いわく因縁があるらしいカレーですが、ほろほろに煮込まれた肉が時々顔を出す他は、キーマ風の見た目の極めて優しい味わいでした。

満腹

名前からしてハードボイルドな、香辛料で火照った頬や額に冷やした拳銃を当てる的な、スパイシーなものを想像していたのでちょっと意外。

油っぽくなくて、でもコクはあって盛りが良くって、食べ盛りの学生に推奨。固ゆで卵の輪切りを乗せて食べたい!

隠し部屋は夏はエアコン無しだそう

なんにしろ「探偵」なる店で、ふうふう熱いカレーを食べていると、谷口ジローの「事件屋稼業 」と同作者の「孤独のグルメ」(祝!復活)がビミョ~に混ざったみたいで可笑しい。

ビターです

カレーの後は、雑誌を読みつつ濃~いコーヒー・・・じゃない、ここは京都であるからして、コーヒを一人ハードボイルドに啜るのであった。

チープで可愛いクリスマスオーナメント





Posted by いたのり at 00:38│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。