2009年06月11日

マサラ電動招き猫*北白川 アジャンタ東鞍馬口店

造形芸大の前でカレー弁当(500円で安くてイケた)の出店を出していた、インド料理のお店「ラフル」が「アジャンタ(Ajanta)」の支店に変わりました。「アジャンタ」って寺町通高辻下ったとこにある有名店じゃん。早速ランチに行きました。

2階は怪しい喫茶&アンティークの店

インドの人の見分けが付かなくて、店も厨房も以前からいた人なのかどうか判らない。尋ねてみたら完全に入れ替わったそうな。

ランチは美味しく、お値打ちで久々のヒット!タンドリーチキンにシークカバブも熱々でジューシー。写真はBランチ(1050円)で、カレー2種(エビとほうれん草をセレクト)、スープ、サラダ、ナン、ライス(チャーハン風)、タンドリーチキン。量がたっぷりあって食べきれず、帰りにカレーとナンを包んでもらいました。
(珍しく普通の京都食べ歩きブログっぽいなあw)

マンゴーラッシーも美味しかったです

開店してまだ間もないせいか、店内は開店祝いの花以外はあまり飾り気が無くシンプル。が、入っていきなり目に付くこ~れ~は~。

キンキラキンでインドっぽいかも

森見登美彦の「太陽の塔」に出てくる「太陽電池内蔵の招き猫」ってこんなん?オバサンみたく「タモリ倶楽部」を喜んで見たり、みうらじゅんを愛読する、いやげもの収集が趣味の彼女だったら、フラれずに済んだかもなのにねえ。

モクモクと手を動かして招きまくる、宝くじ売り場みたいな百式金色猫と、店内モニターに流れるマサラムービー風MTV・・・なんか馴染んでるし。寺町本店にも飾ってあるのかいな?

シュールで美味でした。





Posted by いたのり at 20:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。