2015年09月22日

せっかくだから少女漫画界の現人神の付録

1点だけですが、花ゆめの付録があったよー(^o^)


これを貼れと言われた気がする

先のりぼんの付録より10年近く後なのに、これも既に「レトロ」な分野なんだよねー。(基本的に「金魚屋古書店」ネタになったら、それはレトロ漫画)

萩尾望都 メモワール モトファンポエティックノート、麗しくてもったいなくて使えなかった逸品でございます。


昭和52年2月5日発行花とゆめ3号付録


ギムナジウムは少女の憧れ


オスカー派、ユーリ派と好みが分かれてた。カップリング論争はまだ無かった時代

「ポーの一族」と「トーマの心臓」は、腐女子(のハシリ)の書棚のマストアイテム。竹宮恵子の「風と木の詩」、山岸凉子の「日出処の天子」、木原敏江の「摩利と新吾」、青池保子の「エロイカより愛をこめて」、魔夜峰央の「パタリロ!」もねっ!大島弓子と言えば「綿の国星」だが、ソッチ方面に人気が高かったのは「バナナブレッドのプディング」。

二十四年組マンガとともに、多くの場合、稲垣足穂の「少年愛の美学」や中島梓(栗本薫)作品、内田善美おおやちきの美麗画集もセットされていた。雑誌はもちろんJuneとALLAN。映画はルキノ・ヴィスコンティ作品で決まり。耽美だわ。


ノートと一緒に、当時の本誌綴じ込みのカレンダーがありました。デジ絵に慣れきっちゃったせいで、どのイラストを見ても、「ああ、手描きだなあ」と、変な感想が出てしまいます。


別コミ少コミ発売日がバッチリ





今見ると、裏のプレゼントコーナーの方が色々スゴくて、天地真理に、桜田淳子に、「ヒデキ!還暦!」だよ!実家の納戸を探したら出てきそうな、昭和レトロ雑貨がたまらん。






で、これらのブツは、この「フラワーデラックス*ポーの一族 イラスト&メルヘン大特集」に挟み込まれてました。萩尾望都作品は、単行本がどれもボロボロになってしまって、全て文庫版に買い直し、当時物はこれ1冊あれば十分という理由で、付録というか切り抜きも一緒にしておいたのを忘れてた。


昭和51年8月28日発行




経年劣化してシミが出てる(´;ω;`)

後年、原画展で本物を拝見することができたカラーイラストと原稿ですが、グッズ売り場の額入り限定版画が、じゅううんまん円だかしてスゲー(でもエウリアンのよか安いかー)と思いつつ、「彼女なら買うかも」と思い浮かべた友人が、実際に購入していた件。狙われてるなー、この世代。

イラスト&メルヘン大特集と銘打ってあるだけに、美女姫シリーズの名香智子、玉三郎シリーズの岸裕子と、人気漫画家諸先生方のカラーイラストポエムがステキです。「とってもしあわせモトちゃん」も載ってて、今で言う「ちびキャラ」のエドガーがカワイイ!好きー!って子が多かった。






一部ページが切り取ってあって、何事!?と思ったら、アンティーク小物プレゼントの応募用紙を切り抜いたんだった。「ポーの一族」がきっかけで、西洋アンティーク趣味に走った人は多いと思うの。




本誌のお知らせ、表3広告の矢吹れい子こと中山星香の「日ペンの美子ちゃん」、表4のカオーフェザーブラッシングケアがたまんないっす。撮り溜めた昔のテレビ番組の本編より、CMのが懐かしくて面白いってのと同じですね。


ジルベールと言えば、今や「きのう何食べた?」のワタルくんになっちゃったw






同人誌系は、当時はまだオリジナル重視で、ヤマトのパロディがあるくらいだったが、中には「ポルの一族」(バッキーアロー著)という怪作があってな、漫研の子に借りて、モー様命の友達(複製画買った人ではナイ)に見せたら、大層お怒りになった思い出…(´・ω・`)オレニオコッテモ… 副題が確か「猟奇ロマンシリーズ・ほるか、する一族によせて」・・・なんでいつまでたってもこんなこと覚えているんだ...orz

オバサンの昔語りじゃ・・・


これはなんだ?萩だ。こっちは?万年青だ。@パタリロ!


Posted by いたのり at 22:26│Comments(6)
この記事へのコメント
うっわーー、ずびばぜん萩尾望都まで…(*^_^*)
いつ見ても…ちれい~~(*^。^*)40年たっても…
。。多分死ぬまで好きかと。
ポーの一族は改定版出るたび買いまくってるので、
たくさんあるけど…ふろくは懐っっかす~~い。
西城秀樹ーーー、wwにもハマったわあ~~。
「情熱の嵐」とかEPレコード買いまくりますた!ww
Posted by しらふじ at 2015年09月24日 13:34
花とゆめですか…w
樹村みのり さんだっけか?は
お嫌い?
Posted by とほほのととろ at 2015年09月25日 10:13
しらふじさんへ

麗しいですよね~。
バンパネラは、ギムナジウムは、美少年は少女の憧れ~(*´▽`*)

マンガは単行本や電子版で読めるせいか、付録や、
当時のスターの雑誌広告の方がウケるんですよね。
付録展、近場でやってくれないかなあ。



とほほのととろさんへ

菜の花畑シリーズ、好きでした^^

りぼん時代の「冬の花火」「跳べないとび箱」も
印象に残る24年組作家さんです。
Posted by いたのりいたのり at 2015年09月29日 22:06
樹村みのりも大っ好きでした、そういえば・・・。。\(^o^)/

ほんま考えさせられるお話ばっかで何度も読み返してはため息でした。。
Posted by しらふじ at 2015年09月30日 01:54
大島弓子さんの「いちご物語」で泣いた。「雨の音が聞こえる」も泣いた。
「ジョカへ」好きだった。「さようなら女達」も。
あと、倉多江美さんあたりも大好きだったー。ジョジョシリーズとか、とか。。。。うっほー~い。
Posted by 稲本さん at 2015年10月20日 10:10
しらふじさんへ

考えさせられる話が多かったですよね。
少し後になると、少女マンガの範疇を超えた実験的な作品(高野文子とか)
も出てきて、良い時代に色々読めたなーと思っとります^^


稲本さんへ

「いちご物語」「さようなら女達」泣けたー。
「四月怪談」の「薔薇族とは…」の下りに皆でウケてました。

倉多江美はその哲学っぽさで、仲間内では評価が分かれていましたが、
自分は単純にゴミドリが好きでしたw
Posted by いたのりいたのり at 2015年10月29日 00:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。