2008年07月06日

井之頭ゴロちゃん食べて!*ベーカリー白川*

いつもここが基点

哲学の道の看板と、銀閣寺キャンデー店のある白川通り今出川交差点を西(百万遍方向)に向かって、右側歩道をゆるやかな坂を下って行く途中に「ベーカリー白川(白川製パン)」があります。
(「ベイカリー」が正式かな?HPはそう書いてあったし)

坂を下れば百万遍

東には大文字山

パッと見つい通り過ぎちゃう地味な小さなお店ですが、実は京都どころか全国区で名高いパン屋さんであることを、さんざっぱら買いに行った後で知りました。(紹介された雑誌の切抜きが入り口脇に貼ってあるあたりに「既にオワットル感」が漂って、大して期待せずに最初は入ったからなあ。)

おいしそ

店の奥にたくさん並んだこんがり良い色の食パンは、いつも全部売約済みという驚愕の事実で、1ヶ月以上前から予約開始しますが、すぐいっぱいになっちゃうとか。朝食のパンを予め頼んで焼いておいて貰うなんて贅沢の極み!一度やってみたいですが、例え予約できても受け渡しの日に都合良く京都に来ることができそうにない。アカン。

ハニーバターとチーズケーキ

そんな訳で食パンを横目に、他の菓子パンの焼き上がりを見計らって買いに行っています。お値段はどれも学生に優しいリーズナブル価格(120円~200円がボリュームゾーン)。

お薄でおやつ

必ず買うのが「ハニーバター」。ミニコッペに蜂蜜を塗って薄切りバターを挟んだだけのシンプルさですが、これが飽きない!甘~いふかふかパンは、いかにも「子供のおやつ」って感じで、ホッとする優しい味わい。アンパンにクリームパン、チーズケーキ・・・どれもおいしい。

コロパン最高!

ハンバーガーもコロッケパンもたまごロールも、惣菜パンはどれもしっかり味がついていて嬉しい。コロッケパンって特に中央部分にしかソースがかかっていないことが多くって、端っこの方はソース味のしないコロッケとパサつくパンを食べる羽目になって、虚しい気分になることがあるけれど、ここのは違~う!コロッケもハンバーグも、隅々まで味がしみてる。最後の最後まで美味しく食べられて、ボリュームもあって大満足です。

ああ、「孤独のグルメ」の井之頭五郎氏が食したら、どんなにか秀逸な感想を漏らしてくれることでしょうか。

コロッケ等惣菜パンはお昼時に多く並べられていますが、午後3時半頃の菓子パン類の焼きあがり時間に行くと、お馴染みさんらしい近所の人で狭い店内はいっぱいでした。

おやつと朝食用






Posted by いたのり at 23:10