2009年06月05日

銭湯からの帰還*白川温泉*

只今銭湯から帰還いたしました。

写真は・・・盗撮になっちゃうじゃん!内部だと。せっかくだから代わりに「デス様戦闘(銭湯)からの帰還」ポスターをどうぞ。コンバット越前の頃(1999年)は入湯料340円か。今は410円。

デスクリムゾン2、10年前のドリキャスポスター

サークルKの裏に煙突が見える、白川通り沿いの「白川温泉」。らくたび文庫No.026「京の銭湯本日あります」のレトロ銭湯の部でトップを飾っていましたが、オバサンが子供の頃行ってた昭和30~40年代ムードでいっぱいでした。

サークルKの近く
路地の坂を上る

タイル絵が凄いだの、小鳥がいるだの、落語の会をやる!・・・みたいなことは全く無い。普通のお風呂屋さん。特筆すべきは建物で、レトロモダンな西洋建築・・・と思ったら見かけだけで、裏から見ると堂々たる木造日本家屋!逆に当時の時代感が伝わります。(「らくたび」によると昭和2年築)

堂々たる西洋館
ウソ西洋建築

京都、特にこの界隈は学生の町ってこともあって、銭湯が多くて、ゆっくり全身を伸ばして浸かりたい時は実に良いねえ~。

由緒ありそげな入口
いい感じ

昔のパーマ屋さんみたいなお釜付きの椅子、「目方秤」と言いたい昔保健室にあったような大きな体重計、10円入れるマッサージ椅子、黒光りする籠を置く台、壁の鏡、天下一ラーメンの広告(何故か古臭く見える)・・・タイムスリップ気分でした。(使われていないようだが奥にはベルトマッサージャーがあった~)

残念なことにコーヒー牛乳等は売っていません。自販機も無し。帰りにサークルKで何か買おう。

隣は古書の「全適堂」

ここの2階、外から見ると何だか人の気配があって、気になっていたので御主人に尋ねたら、部屋を貸しているそうでした。銭湯の2階に下宿!昭和チックな舞台設定!

百万遍近くの銭湯

「今時の人は泡の出るやらの方がええゆうて・・・」、御主人がちょっと寂しそうに語ってくれました。

百万遍や銀閣寺の方には、サウナやジェットバスのある銭湯があるけれど、それだと上に「スーパー」が付くのと変わらなくなってつまらない。「このままでいてね!」と心の中で応援しました。


残念ながら、その後白川温泉は廃業しました





Posted by いたのり at 00:28│Comments(5)
この記事へのコメント
銭湯から帰還ーーー?!。。プププ。。おもれぇ
この白川温泉なんですけど~、我が家にくりそつだわ~。
前方は貸店舗なので洋風だけど~
裏は同じく昭和初期の木造ぼろぼろ屋敷で~す。
白川温泉ん~~ん。。♪♪
Posted by しらふじ at 2009年06月05日 22:49
銭湯イイですねえ~。
表は洋風、裏は木造家屋って京都で良く見かけますが、
モダ~ンっぽさを取り入れたのでしょうね。
次は錦市場近くの「錦湯」に入りたいです。
Posted by いたのりいたのり at 2009年06月07日 01:14
 「東山さーん」と言われると「誰?紀之、それとも魁夷画伯?」と一瞬戸惑います…。そして、やっと気づきます…(笑)。テキトーに考えたハンドルネームなのですが、「我ながら、よく出来た名だ!こりゃ本名よりカッコエエわい」と錯覚をおこします。「三十七峰さーん」でも構いませんが(笑)。

 私は、田中西樋ノ口町の「地蔵湯」と北白川平井町あたりにあった銭湯によく行きました。入浴料は確か250~300円位だったと思います。冬は寒いのでなるべく終了に近い時間に行って入浴しましたが、平井町の銭湯は小さい上に混雑して文字通り「芋洗い」だったことを覚えています。「地蔵湯」は比較的ゆったりとしていました。近くに下宿していた知り合いは同じ高校から京大法学部に進んだ同級生だけだったので、彼に会った時以外は終始無言で入浴していました。ワンルームマンションが増えたので学生の銭湯の利用も減っていると思いますが独特の楽しさ、やすらぎがあるので、なんとか残ってほしいと思います。
Posted by 東山三十七峰 at 2010年02月24日 19:16
こんにちわ
「白川温泉」と聞いて、最初、北白川温泉と勘違いしました。北白川ラジウム温泉かな、正しい名称は。山中越えというのでしたかね、京都から比叡山の方へ登っていく道の途中に2軒ほど温泉が並んでいます。私は何度かそのうちの1件、不動温泉(だったと思う)の方に数回行きました。千円ぐらい払って座敷に上がりお茶を頂きます。そこで寝そべって新聞や雑誌を読んだり、外の山をながめたりしながら、狭い浴室が空いたら風呂に入り、上がったら座敷でまたごろごろします。おなかがすいたら食事を取ったり、お酒を注文したりできます。私はきょうびのいわゆるスーパー銭湯に行ったことはありませんが、あれとは似て非なるものではないかと思います。部屋に張ってあるポスター、下駄箱、灰皿・・・全てが昭和の時代が凍りついて存在しているかのようです。北白川通りから少し入ったところにこういう温泉があるのは本当に面白いと思います。

そういうえばこちらの「白川温泉」の近くには、おばちゃんがやっている学生食堂がありませんでしたか。「みそ汁とごはんの店」だったかな。名前をよく覚えていないのですが、今も健在でしょうか?
Posted by nagino at 2010年02月27日 14:42
東山三十七峰さんへ

周囲を歩くと、玄関に共有の靴箱、廊下を挟んで部屋が連なる
風呂無しトイレ共同の昔ながらのアパートも多く、それなりに銭湯の
需要があるようです。

子供の下宿で、狭い浴槽に体を折り畳んで入浴していると、
「お風呂屋さん」に楽しさと安らぎを味わいに行きたくなります。


naginoさんへ

温泉保養施設の「北白川ラジウム温泉」と違い、こちらは山中越え
手前の白川通にある普通の銭湯で、タイムスリップ気分を味わえる
「昭和ムード」満点です。

「みそ汁とごはんの店」は聞いたことがありませんが、白川温泉の
近くに「大銀食堂」という家族経営の、これまたステキに「昭和」な
大衆食堂(!?)があります。懐かしい雰囲気で定食も美味しいですよ。
Posted by いたのりいたのり at 2010年03月02日 22:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。