2008年07月07日

幸運の四つ葉*ヤサカタクシー四つ葉のクローバー号*

ずっと前の話・・・
タクシーに乗ったら、運転手さんがいきなり「おめでとうございます!」と、ニコニコして名刺みたいなのを手渡してくれた。

「ヤサカタクシーは1200台走っていまして、四つ葉は4台だけなんですよ。記念にどうぞ。」

1200分の4・・・約分すると(するなよ!)300分の1。
え~っ、そうなの?ラッキー!嬉しい!
ミニステッカーが可愛い!

四つ葉号乗車記念品

が、カードの裏面が・・・



お礼の手紙を貰って嬉しいのはわかるけどさ~。
野原で見つけた幸運の四つ葉のクローバーが、いきなり女性雑誌の怪しい広告みたいになってしまった。

宝くじが大当たり!憧れの高級マンションでブランド物に囲まれて、成績もドンドン良くなって、背がぐんぐん伸びて、視力も回復し、女の子にもモテモテに・・・ゾルゲ市蔵の「必殺みなごろしジャガー拳」かい!



たまたま手を挙げて乗り込んだタクシーでしたが、下車した時に良く見たら、確かに屋根に乗っている部分(行灯~あんどん~)も、ドアにも三つ葉ではなく四つ葉が付いていました。

5年前の本、でも恵文社にはいつもある

祥伝社刊の「スミレ -乙女のための京都案内- 」に詳しいですが、それによるとこの四つ葉のクローバー号の乗務員は皆「ヤサカタクシー(彌榮自動車株式会社)」のエリートで、駅や観光名所での客待ち(筋待ち)はせず、道を流しているのみだそう。

京都全体では一体何台のタクシーが走っているのか知りませんが、確かに乗れたら凄い偶然。先日乗ったヤサカタクシーの運転手さんによると、記念品は変わっているそうで、カードやその裏面がどうなっているかはわかりません。 全体が1400台に増えている中、相変わらず4台きりの四つ葉号のレア度は更に高まっているとか。

只今キャンペーン中!ティッシュとシールが可愛い

ちなみにこの時、第一志望の大学受験の帰りだったのですが、結果は・・・


今、豚児はここ、京都で暮らしています。

四つ葉タクシー黒バージョンはこちらへ

黒もある






Posted by いたのり at 23:02