2009年05月29日

バイオの隣はミスト*琵琶湖疏水記念館

インクラインの下流出発点脇に、琵琶湖疏水記念館があります。


噴水が気持ち良い

ウィキペディア「琵琶湖疏水」

明治時代、首都も東京、御上も東京で、何かと右肩下がりの京都の活性化を狙った大事業!と捉えればいいのでしょうか。

行き来するだけ
ゲーム「MYST」に出そう

中は当時の設計図や、バイオハザードの開錠アイテムみたいな測量の機器等が並べられ、事業についてのパネル展示、映像展示、ちょこっとジオラマ(インクラインの台車が行ったり来たり動くモデル)というハコモノ行政にありがちな内容。ま、入館料無料だもんね。(正直ここ単体ではツマンナイ。実際にインクラインや発電所界隈を歩いてから見れば、それなりに興味深い。)

赤いページに青いページに…

インクライン側からの入口(中庭)に展示してあるベルトン水車にスタンレー発電機ってのが、「MYST」のメカニックの時代みたい。




噴水のある池は、京都サスペンスの背景で時折見ます。向こうに見える動物園は一昔前のタイプで、オワットル感たっぷりの遊具がイイ味出してる!と、この春遊びに行った豚児が教えてくれました。

う~む、これは・・・。親子で行ったら感慨深いだろうな。

何が釣れるんだろー?

子供撮影、テラナツカシス





Posted by いたのり at 00:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。