2014年07月31日

超高速!(で行った)佐々木酒造

今なら絶対にこれが貼ってあるはず!と行ったら、期待通りありました~!!!



超 高 速!参 勤 交 代

映画「超高速!参勤交代」公式サイト

主演の佐々木蔵之助氏の実家である造り酒屋佐々木酒造にて。ポスターの他に二つ折りチラシも置いてありました。わあい!


奥の作業場は只今工事中
「ゼロの真実~監察医・松本真央~」の番宣ポスターは無かった。残念



店先に日野トラックは停まっていなかった。残念




軒下と天井に杉玉


原作は土橋章宏。城戸賞全審査員満点受賞で高速映画化。(ツジトモ絵がいかんという訳ではないが、表紙で損してる感じ。「のぼうの城」ぐらいの装幀で良かったのに) 


映画では描かれなかったエピソードや背景がわかる

監督は「釣りバカ日誌」や「鴨川ホルモー」の本木克英。笑いあり涙あり人情たっぷり殺陣たっぷりで、映画館に足を運んで良かったです。(テレビから時代劇枠がほとんど消えてしまった今、時代劇ファンは映画に行ってその火を絶やさせぬように支持せねば)



佐々木氏演じる、家臣に民百姓に慕われる、人が良くてトラウマ持ち、でもって居合の達人の、湯長谷(ゆながや)藩藩主内藤政醇(まさあつ)に惚れた!




昨年、「ハンチョウ」ファンのバアちゃんを連れて行った時は、「ハンチョウ6~警視庁安積班~」とナレーション出演の「LIFE」の番宣ポスターと、日野トラックのポスターがバーンと貼ってありました。買ったのはもちろん期間限定販売のハンチョウ特別純米酒。今回は「まるたけえびす」や「平安四神(木村英輝ラベル画)」といった、お薦め銘柄の小瓶をいくつか求めました。(パパが飲み比べをするそうな)






「日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲」のテーマはこちら
(別ブログに移動します)


この辺りは良い湧き水が多く(それで大内裏や聚楽第が造られたとも)、昔は造り酒屋が軒を連ねていたものの、現在残るのは佐々木酒蔵のみ。洛中で酒造りを続けているのはここ1軒だけ。(御所南のキンシ正宗は工場は別の場所)



月桂冠大倉黄桜キンシ正宗のような見学者サービスは無い普通の造り酒屋・・・なので、営業は平日午前10時から午後5時まで。祇園祭で日中の会所巡りはしたいわ、せっかくだから他の所も見たいわ、この後宵山も行かねばならぬ、その前に豚児んとこに荷物置いて着替えたい!という、非常~にタイトなスケジュールの中を、超高速移動して行ったのであった。


えっさー、ほらさー!えっさー、ほいさー!(走って移動)


戦国BASARAコラボ同様に映画コラボのお酒は出ないのかな?


お店が休みでも、お酒は軒先の自販機で購入できます。


お買い物袋もセットしてある。日本酒の自販機は珍しい


夜間は販売停止


湯長谷藩は今の福島県いわき市。撮影は二条城や太秦撮影所や亀岡(里山風景や山道)でしたが、「フラガール」のスパリゾート・ハワイアンズ(旧・常磐ハワイアンセンター)と一緒に聖地巡礼に行きたいのう。


名前通り夏向きのさっぱりした味わいだそうな


追記・・・殿様が幼少時に閉じ込められた蔵にあったのが、昭和初期の光龍斉風の市松人形だったことをツッコんでおきます。(人形オタクのこだわり) あと家老が持ってる算盤が4つ珠っぽかった。





Posted by いたのり at 20:23│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。