2009年03月31日

萌えるゴミ袋は京都にこそ!

豚児が京都市内に下宿するようになって、まず何に驚いたかと言えば、指定ゴミ袋の高さでした。

容量1リットルにつき1円平均と決まっているとかで、つまり45リットル10枚入りは450円って、たっけええええ~!!!30リットル10枚入りは300円。どこで買ってもまずほとんど値段は変わらず、従って、日配食品とともに「ゴミ袋特売!」という主婦が心躍らせる文字が載るスーパーのチラシは見たことが無い。



ゴミ袋有料化で、処理料金を市民に負担させるのは地元でもやっているからわかるが、ちと・・・いや、だいぶん高い。ウチの方は45リットル10枚128円ぐらい。(店によって価格にばらつきがある。特売もある。)

役所と癒着した利権の匂いがプンプンするゼ。去年の夏頃黄色い家庭用45リットル袋が一斉に品薄になったが、何かあったのかね?

次に驚いたのは、ゴミの分別の適当さでした。最初、大家さんにゴミの出し方の説明を受けた時に「なんつーアバウトな!?」と親子で呆れた。

京都市/ごみの分け方

何しろ分別用ゴミ袋が「家庭ごみ」「資源ごみ」の2種類しか無い。引越し時に大量に出たゴミを出すには楽でしたが、野菜屑やらの可燃ゴミと欠けたお茶碗やコップを一緒に入れるのは、どうしても心情的にできませんでした。

自分の地元はゴミ袋は5種類。これはこれで利権のニオイがしますが、とにかく「きちんと分別が当然」の身としては、京都市のゆるゆるぶりに驚きを禁じえない。



高性能な焼却炉を持っているから無問題!・・・ということだけではなく、土地が狭く分別すればしただけの集積所が必要なのと、市内全域が観光地みたいなものだから、なるべく人目に付かないように週2回なら2回だけパッと出してサッと集めることを優先しているのかなと、左京区半住人は見ています。

でも、ようやく分別するようになったペットボトルと他のプラゴミでも、袋の種類は同じままで集積所に一緒くたに置かれて、地元のように回収車が2台別々に来るのではなく1台のパッカーに、これまた一緒くたに放り込んで行くのよね~。


そんな京都こそ、「萌えるゴミ袋」を作ると有効かと思われます。


九段さくやタソ(15歳)

東京ウォーカー「萌えるゴミ袋」ニュース

和服美少女(一般可燃ゴミ)、舞妓さん(ペットボトル)、巫女さん(不燃ゴミ)と、分別はキャラクター別で行うのだ!景観を損なわず、お土産にも最適!どうよ?





Posted by いたのり at 22:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。