2010年01月29日

活字ジャンキーが住みたい街*ブラ書店古書店

前々回に続き、もうちょっと本、古書店について・・・。

マスコットはニノキン

銭湯白川温泉の隣、二宮金次郎が目印の白川通の全適堂さんで、京都市内の古書店が掲載された京都古書店絵図というのをいただきましたが、これが役に立つようで立たないようで・・・。

お役立ちセット

というのは、この辺って古書組合加盟店じゃない「普通の新刊書店」でも古本を置いてある店があって、その場合はこの地図には載っていないのよ~。

店内古書市

ガケ書房は時折、出店者ごとに書棚を一箱古本市みたいに小分けして陳列販売する店内古書市イベントをやるし、恵文社はズバリ古書コーナーがあって、銀林堂に至っては、特にセレクト系ではないジャンプも置いてあるふっつーの町の書店なのに、棚の半分近くが古本ときたもんだ。謎。

白川通今出川近くの銀林堂

古本と新刊本と堂々と書いてある

寺町三条の三月書房なんか、新刊がず~っと店頭に置かれたまま古書化したらしいのを「20%OFF!」なんて売っていたりするからややこしい。

でも、こういう「古くても新しくても本は本!」という姿勢は大層好ましいです。

通好みなマンガが揃う三月書房

ネットの普及で、アマゾンや「日本の古本屋」で「読みたい!欲しい!」と思った本は、すぐに手に入るようになって喜ばしいものの、地元にある本屋はベストセラー中心の類型的な大型店ばかり。図書館でさえも、半年もすればブックオフに大量に並びそうなのばっかり置くし、つまんないこと夥しい。本が売れないって、出版不況のせいだけじゃないと思う。

全適堂にて

主の趣味や教養が反映された個性的な品揃えの店舗が多く、「ブラウジングの楽しみ」が満喫できる京都は天国。装丁を見るだけでワクワク!

(さっき「ブラタモリ」の神田古書街を見ていたのだけれど、「大勢の人たちが本を探している」とアナウンサーが言っていたが、あれは単に本を探しているんじゃなくて、「本との出会いを求め、何に出会えるかという期待感を楽しんでいる」んだと思う。)

一乗寺の荻書房

鞍馬口通の古書店「欧文堂」

ガケ

近場の一番のお気に入りは太田出版的アングラ感漂うガケですが、手塚治虫の「奇子」と「ばるぼら」の隣に、「Comicサイテー 田中圭一マガジン」と「やる気マンマン」を並べる恵文社のセンスも捨てがたいwww
(恵文社に漂うのはユリイカ的サブカル感。ユリイカはジョジョも福本伸行の特集も失望したゼ。)

おかげで豚児の下宿の本棚は、父母が来ては買い込む本も加わってパンパン。

おなじみ恵文社

恵文社生活感の入り口のレトロな小学校の椅子

今日は恵文社の帰りはZENZOカフェでお茶


美術展カタログや画集の豊富さに感動ものだったのは、平安神宮大鳥居の近くの古書店山崎書店。「お邪魔します」とばかり靴を脱いで上がって拝見する作りのお店・・・というより書庫そのものという感じで、ここの後に同じ神宮道の星野画廊に寄って、店主の目にかなった怪しい絵画を鑑賞するのが目下の楽しみです。

山崎書店

明治~大正期の油画、日本画中心
山村美紗サスペンス・狩矢親子シリーズ」のモミタン編集長の「唐竹企画」の建物として登場する

造形大の甲斐庄楠音展に何点か貸し出したそう


追記・・・全適堂は2010年5月に移転しました。白川温泉も廃業してしまいホントつまんない。






Posted by いたのり at 01:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。