2013年03月25日

ハイテクロボ天神に行こう!*錦天満宮

つい先日、北野天満宮や京都御苑の梅を愛でてきたと思ったら、もうお花見ですってー!?


先々週の御苑の梅


御苑西の有栖川邸の枝垂桜は咲いたかなー?(昨年4月撮影)

で、今回は北野天神じゃなくて、オタク親子いち押しの錦天満宮の話。


ここは日が暮れても参詣できるのがミソ



錦天満宮と言えば新京極の街中で、鳥居の両脇が建物に接してるどころか「ささってる」ことで、Bスポ珍スポ好きの間でつとに有名です。


まっすぐ行けば錦市場

以前、芸術新潮だかで赤瀬川源平と南伸坊が、2階の飲食店で鳥居のはじっこを確認していましたが、今は片方は古着屋(のオフィス?)、もう一方はファーストキッチンの飲食スペースかと思ったら、そうではなくて入れず、確認することができませんでした。



もうひとつ、錦天満宮には大きな特徴があります。錦の水?それもあるが、鳥居同様に珍スポット的な特徴、それが、このさして広くない境内あちらこちらにあるからくり、というかロボットだ!




拝殿左にある2号機


少し小型の1号機



人が近寄ると雅楽「越天楽(えてんらく)」が流れ、コイン(初穂料)を入れると獅子舞が舞っておみくじを咥えて出してくれるおみくじロボ、同じくちょっと小さい獅子舞おみくじロボ(雅楽は奏でない)、神社の由来を描いたロボット紙芝居が参詣者を迎えてくれます。

youtubeに動画が上がっていました





紙芝居は祟りのシーンが圧巻!


いびきや睡眠時無呼吸症候群ではない。うなされているのだ。


こうして神様としてお祀りいたしました


昨年の秋、錦市場に買い物に行きがてら立ち寄ったら、拝殿横のおみくじロボが調整中。





技術者やプログラマーっぽい人達があれこれしていて、その作業を宮司さんが脇で見守っておられたので、「ここは、こういうロボットやからくりが沢山ありますが、中のひとに(こういうのが)お好きな方がいらっしゃるんでしょうか?」と不躾にも尋ねたら、「はい、私が好きで作ったんですわ!」との御返事。




新聞雑誌の取材も受けられているとか

ええええ!?単に「好き」じゃなくて「作った」ですと。え~と・・・失礼ですが、御自身で?と二度尋ねたら、「私が考えて作りました!」と胸を張ってお答えいただきました。



獅子舞おみくじ1号機、2号機、昨年登場した紙芝居も、全て自ら設計し制作発注されていて(動きのプログラミングはやってもらうとか)、聞けば、京都市内の大学で工学を修めて、長年機械関係の設計技術職に就いた後、実家の錦天満宮の宮司となられたそうな。すげすげすっげー!ロボット博士宮司さんだ~!!!








英文おみくじ。なんとなくわかる

オバサン感服仕って、その技術を、革新的な天神さんの素晴らしさを称えたら、大層喜んでくださいました。聞けば「あんまりこういうのやるとゲームセンターちゃう、みたいに周りに言われて・・・」 高齢の氏子さん達にはイマイチ理解が得られないんですかねえ。学問の神様で最新技術を否定してどーする!


もう1台作ってどこかに納入されたそうです

「ロボット技術は素晴らしい日本の力!誇り!です!!!」
と、熱く語ってくださいました。ロボットクリエイターの高橋智隆氏に会ったことなど、色々と興味深いお話もしていただけました。ありがとうございました。


随臣のお二方もロボ化したロボットレストランならぬロボット天神を妄想

迂闊にも知りませんでしたが、ローカルテレビや新聞でも色々取り上げられているそうです。でも、あってしかるべきだと思う「となりの人間国宝さん」のステッカーは無かったです。神社HPを作ってアピールしないのでしょうか?と問うたら、現在制作中とのことでした。(その後公式サイトができました)

錦天満宮公式サイト


こじんまりした境内の奥には末社も色々


大人気のキティちゃんお守り


動いて欲しい

「入り口の牛がモ~ゆうて動いたら面白いんやろが、そこまではねえ・・・」と躊躇されていましたが、是非是非動かしてもらいたいです。


昨年水が濁って大変だったそう。今は問題なし


ロボではないが、中原淳一風美少女が教える手水の説明に注目

四条のド真ん中の好立地で、参詣する観光客も多いところですが、経営は中々大変だとも伺いました。ここは一丁、メカ美少女の巫女さんが主人公のアニメを作って、聖地となって世界中からロボットファン、オタファンに来て欲しいです。京アニ、はよ!


京都が舞台のロボットアニメは既に制作中なのだ
(何故か出町ふたばに置いてあった「ハル」のちらし)


とりあえず、文官文系バリバリの菅原道真を祀る全国の天満宮の中にあって、ここ錦天満宮は特に「理工系に強い!」御利益のある天神さんとして、受験生とその親御さんに強力に推奨しておきます。(宮司さんの御子息達も理系方面に進まれているそうです。)


梅から「桜咲く」を目指そう


既製品だがデパートの屋上遊園に昔良くあったおみくじマシンもある。ナツカシス


新京極だから修学旅行生カモーン!





Posted by いたのり at 01:35│Comments(3)
この記事へのコメント
おはようございました(^_^)v


記事の通り、理工系受験に御利益がありそうですね。



関東では、梅をゆっくり楽しむ間もなく桜が満開。

…ですが、昨日お花見もせずに雪の秋田に戻ったヲヂサンです(ToT)
Posted by 孤星 at 2013年03月25日 06:36
理科系出身で神職になられる方、多いんですかねぇ。
京都コンピュータ学院にも、京都市内のIT企業をやめて大阪市の神社で宮司をされている先生がいらっしゃいますよ。
Posted by 華南 at 2013年03月25日 14:57
孤星さんへ

この宮司さんに合格祈願特別祈祷をして貰えば
更にヤル気UP!な気がします。

こちらは老母を連れて、先週京都でお花見をしました。
ハイシーズンで疲れましたが、「醍醐の花見」ができて満足です^^

華南さんへ

コメントありがとうございました。
建仁寺裏手のアンティークショップ「さらすく」の御主人雪虎さんも
元神職だそうで、理系文系関わらず、京都界隈は神職に就く方が
多いのでしょうかねえ?
(コンピュータ関連は陰陽とデジタルで親和性高い気もします)
Posted by いたのりいたのり at 2013年04月08日 00:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。