2012年12月21日

京都の冬の風物詩?(但しゴミ)

師走の忙しい中、豚児の下宿の掃除にちょこっと行って、トイレミチガエルやらウェーブハンディワイパー取替えシートやらの買い出しついでに町を歩いてみました。



前回の影響か、なんか尺八関係がやけに目に入る気が・・・。




こーゆーのも目に入る。


銀魂の時みたいに地下鉄御池駅が青エクポスターだらけになるのだろーか?


やまだしやのお番茶を買いに錦市場に行ったら、冬の京野菜がいっぱい。


淀大根=聖護院大根だそうな



でもって、某有名漬物店の店先には何やら大量に・・・。


お店のHPを見ると、千枚漬けは当店発祥とあった
御所の料理人であった大黒屋藤三郎が、慶応元年(1865年)に考案だそうな



事業ゴミ?

京都の冬の味わい、千枚漬けを作る際の廃棄部分ですが、なんだかすっげえもったいない。


分厚い皮部分

大量の分厚く剥かれた蕪の皮・・・昔からの言い習わしで「蕪は大名に剥かせろ!」と言いますもんね。瓜も。ケチな自分は一度ピーラーで薄く剥いてシチューに入れてみたら、とっても筋張ってて不味かったです。「乞食に剥かせろ」という梨剥きや、「乞食に焼かせろ」という餅焼きは得意ざんす。

でも、やっぱりもったいない。「す」が入って使えない実の部分も容赦なく捨てられています。


良く見ると「す」が入っている

京大辺りで「聖護院大根の野菜くずからバイオエタノール生成!」みたいな研究はされてないのだろうか?それとも何か既に再利用されているのだろうか?誰かおせーて!?




┌(┌ ^o^)┐大奥はクイズ内容が気になる





Posted by いたのり at 01:07│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。