2012年09月27日

こどものゆかた18*乱菊

浴衣に菊の模様は季節の先取り・・・
ススキや露芝模様も、秋を感じさせて涼しげです。

最近の浴衣は季節に関係ない色柄が多いですが(でも三条通の和風館ICHIの乙女椿はステキ)、アンティーク着物を見ていると、今以上に大胆なデザインで、当時の着物は今の洋服同様に、かなり自由気ままに着ていたようです。(礼装はともかく、着付けとか着る時期とか制約だらけで小うるさくなったのは戦後のよう)



汗っかきの子供用のリップル浴衣生地ですが、なかなかに優雅な柄行です。最初見た時、彼岸花かと思いました。

花弁が乱れているから乱菊。整然としていない、荒れた風情さえも愛でるのが日本の美意識。


葉脈まで繊細に描いてある

下は、子供用の古い晴れ着の解きです。黒い菊がシックでオシャレで、仏花のイメージゼロ!


古典模様なのにクールなデザイン

そろそろ大覚寺に嵯峨菊が飾られるシーズン。東寺の弘法さんの市に行ったら、色々な苗を売っていました。



四季咲きマムが多い

それはいいが「乱菊」で画像検索すると、十番隊副隊長松本乱菊のおっぱいが当然のように出まくるのなー。






Posted by いたのり at 21:39│Comments(2)
この記事へのコメント
お晩でした( ^_^)/□☆□\(^_^ )


最後の最後に……
(^0^))☆大爆笑☆((^Q^)v

あはははは……(^O^)
Posted by 孤星 at 2012年10月01日 21:04
「乱菊 着物」でググれば良かったんですけどねー
BLEACH好きだからいいんですけどねー
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡
Posted by いたのりいたのり at 2012年10月17日 23:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。