2009年02月25日

紅葉の(手のようなキューピーの)永観堂

「京都変なものフォルダ」より、可愛いキューピーさん。

もみじのおてて

問題はキューピーさんのある場所で、「紅葉(もみじ)の永観堂」のキャッチコピーで有名な、あの永観堂禅林寺には、お寺さん経営の幼稚園が隣接しているのですが、その送迎バス車体正面に・・・

!!!

思いっきりキューピーマヨネーズな大型ドール!

丁度お帰りの時間で、お迎えのお母さん方もいたのであんまり近寄れず、材質の確認はできませんでした。

でも、モロにキューピー。

観光客で賑わう境内のすぐ脇

わ~か~ら~ん~。
これを付けていればバスの運転手さんが、「この子だけは傷つけまい!正面衝突は何が何でも回避する!」と安全運転を心がける・・・って、それ以前に人間のお子さんが大勢乗ってるじゃんね。

乗用車なんかで見かける「赤ちゃん乗ってます」系のステッカーみたいな?対向車側が、「おおっ!ラブリ~!気をつけなくっちゃ!」となる?

どこからどう見ても幼稚園バスだから、そんな注意喚起も必要無いと思う。

ライトアップをするハイシーズンの境内茶店
同、農閑期

何にせよ、ローズ・オニール(キューピーを生み出した画家)もびっくりだ。

日本キューピークラブこと、IROCF(インターナショナル・ローズオニール・クラブ・ファンデーション)国際日本支部(マジで在る)の、コレに対する見解を是非とも伺ってみたい。(嵯峨野にキューピー博物館があります。個人的にオニールより、マーベル・ルーシー・アットウェルのが好き)

一時期、加藤工芸のビスク人形を集めていました

後ろ向きのケツ出しキューピーが、車体後部に貼り付いているかどうか?確認ができなかったのが心残りです。

何か愛称があって子供達に親しまれているのか?車へのセット方法(取り外し可?)と、疑問はいっぱい。


前回の永観堂詳細記事

紅葉時はバス停「南禅寺永観堂道」からずっとこう

門前の蕎麦屋もちょっと変





Posted by いたのり at 21:06│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。