2009年02月03日

裏・女立喰師列伝*吉田神社節分祭露店

去年からロクなことが続かないので、超強力な厄除け厄落としをしたいと思い、「吉田神社の節分祭」に行ってまいりました。

吉田神社HP

神社までず~っと屋台
京大前の露店群
向こうは京大

ホントの所は、去年豚児が初めて行って、ステキ屋台天国だってんで、「来いよ!!!」と誘われていたのだ。

節分らしく鰯丸干しの露店売り

東大路から京大正門前を通って、神社の参道に至るまで露店でいっぱい。神社HPによると、約800店が2日の前日祭、3日の当日祭に立ち並ぶそうです。裏立喰師(ちゃんとお金を払うから「裏」なの)の血が騒ぐぜい。

赤ちゃん言葉がヘン
季節感の無い風物詩
(^o^)でちゅ!
脱力系

水筒にお茶を詰めて持ってくるのを忘れたので(ちっ!アタシとしたことが!)、ペットボトルのお茶を京大時計台地下の生協で購入だ!エレベーターか時計台右横から地下1階にどうぞ。日用品から実験用白衣、お土産用京大グッズまで揃っているので、観光、受験の下見の際には是非お立ち寄りください。

鰯じゃなくて鮎
正統派出店
何だか嬉しい

後はもう、お茶を飲み飲み食べ歩き・・・。

一の鳥居から向こうは、正面に向かって右が食べ物、左がくじ引きや射的等と分かれていました。地元では見かけない商品も多くて楽しい!

京大時計台を眺めつつ食す
ハイテク電動ディスプレイとヘタウマ画
脱力系その2、サリーちゃんの三つ子かとオモタ

工夫を凝らしたような凝らしてないような看板も味わい深い。

何が釣れるやら
コワイ・・・
景品は全てモデルガンという「ターゲットを絞った」くじ引き
パチモンふう

以前、名称について考察(?)した回転焼きと大判焼きも何店かあり、数は半々ぐらいでした。

こっちは回転
こっちは大判

湯豆腐の順正や、お蕎麦の河道屋といった、まっとうなお店の出店もありましたが、何故か胡散臭いインチキなテキヤモノの方が、こういう時は圧倒的に楽しく美味しく感じられるのよね。宵山に次ぐ京都立ち喰いワールドでした。

さて、参拝しないとな。

(宵山は屏風祭りをしている細い通りは良いが、烏丸通りの露店群は人多すぎで食べ歩きしにくい。東寺の弘法市は、食べ物の他にもバリエーションが豊富で見ていて飽きない。)

つづく

ビミョウな古さ
子供の時入れ込んだなあ~






Posted by いたのり at 10:41│Comments(2)
この記事へのコメント
ほんまや。サリーちゃんの三つ子に似とるわ。。。
吉田神社の節分祭りがこんなににぎやかとは知らなんだ。
去年の夏休みに次男と京大のオープンキャンパスへ行った帰り
吉田神社で合格祈願いたしますた。
そん時はとっても静かでした。
幼稚園からの夢。。京大に是非受かってほすいィ~。
Posted by しらふじ at 2009年02月03日 23:59
普段は観光客もほとんどいない本当に静かな神社で、
鳥居の前から京大正門にかけてはタクシーの運転手さん達が、
車を止めて休憩している場所というイメージです。

息子さんと一緒に、毎年節分祭に行けるようになると良いですね。
吉田山山頂近くの山奥カフェ「茂庵」もオススメです。
Posted by いたのりいたのり at 2009年02月04日 01:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。