2009年01月30日

北白川かゆうま日記*三嶋亭の牛肉でスキヤキ!

寺町通アーケードを歩く度に、ショーウィンドウを覗くお店。
それが「三嶋亭」。

左隣は骨董店。寺町の由来が書かれている

場所は京都サンボアの路地を挟んだ隣。
奥深いから「きんたろうのお店(ライト商会)」の隣にもなります。一番の目印は、はす向かいの「かに道楽」。

ライト商会はこの奥
建て増しを続けたような建物

少し前の雑誌サライに載っていましたが、すき焼の名店として名高く、池波正太郎も好んだとありますが、値段的にちょっと~。文明開化ムード溢れた数奇屋造りの店内(HP参照)が、そりゃ気になりますが、1ヶ月の食費が軽く吹っ飛ぶわ。

三嶋亭HP(お値段もこちらから)

そこで節約主婦のお眼鏡にかなったのが、ショーウィンドウに並ぶ店頭売りの牛肉。「小間切」「切り落し」だって、相当期待できるはず!

店内ではスライサーからシャッシャッとお肉が切り出され、白い上っ張りの店員さん達がテキパキ働いていて、「敷居が高い感」は全くありませんでした。ほっ。

残念、「切り落し」は売り切れ

「何が食べたい?何でも作るからね!」と(仮面ライダー電王のデネブみたいに)聞けば、必ずと言っていいほど、
「肉!」
という答えが返ってくる豚児ですが、カセットコンロも購入したことだし、すき焼きやるぜ!

以前タウン誌で見た「九条葱と牛肉だけ」の、シンプルにして美味しそうな一品に挑戦しました。

旬の九条葱

大量の九条葱(錦市場だとお高いので、これは近くのナカムラで調達)を笹打ちにして、お砂糖と、割りしたを用意して準備完了!小間切肉と一緒に入れてくれた脂身を、熱~くした鍋に「しゃあ!」。

竹の皮であって欲しかったような
脂身をタップリとサービスしてくれました

「いや~、なんつーか、内田百閒の牛肉の薬食いみたいですな~。」
と、親子でワクワク。

お味は・・・臭みが全く無くて柔らかく美味!特に脂身って匂いが気になりますが、ぜ~んぜん!シラタキとか、春菊とか余計なものは一切いらない。今が旬の九条葱が柔らかくてウマー。

キッチンに転がってて芽が出そうになっていた玉ネギも投入したら、せっかくのすき焼が牛丼というか学生下宿的ていうか、所帯じみてしまったけど気にすんな!

おいしい!本当に!

「後で日本酒でうがいをして、蜜柑を食べるのさっ!」
「大丈夫、もうにほはなひ・・・ってね。」

「きょうはらへたの・・・」
「かゆい・・・」
「・・・うま」

百閒先生とバイオハザードという、甚だ変な会話で盛り上がって、北白川の夜は更けるのであった。

クリスマスの特売!
新京極より静かな寺町通アーケード






Posted by いたのり at 20:19│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。