2011年06月22日

×京都観光で神社 ○京都で観光神社*京都御苑にて

左京区の時は白川疎水沿いや哲学の道でしたが、豚児の中京区への引越し以来、散歩は専ら京都御苑になりました。


宗像(むなかた)神社の入り口際にある

御苑内のちょっと変な物件。



京都観光神社

平安神宮やら八坂神社を参拝して巡る「京都神社観光」ではナイ。

石碑によると、恵まれた観光地京都に感謝の念を表すとともに、業者と市民の家運隆昌を祈念して昭和43年に建立とある。神社界ではかなりの新参モノです。

肝心の訪れる多くの観光客(金ヅル)の無事と安全には、特に言及していないのが気になりますが、まあいいや。



お祀りしているのは猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)だそうです。天孫降臨の際に道案内をしたことから、道の神、旅人の神とされ、道祖神と同一視もされたとか。う~ん、手塚治虫の「火の鳥」の鼻のデカいおっさんしか思い浮かばんわ。




なるほど京都は観光都市だ


下宿探しをしている時に「御苑は結構猫がいますよ~」と、エリッツだかアパマンだかの営業の兄ちゃんの話でワクワクしていましたが(猫いる?と訊くオバサンもオバサンだが)、転居したのが冬だったせいか見かけない。暑くなってからようやく見つけた一匹!





拾翠亭の茂みにスッポリはまっていました。カワユス。

環境省・京都御苑案内


おまけ。寺町通りの三月書房の隣の五色豆屋さんの店先にて。たまらん。




船はしや総本店の看板猫か?

五色豆の船はしやの看板猫についてはこちら





Posted by いたのり at 23:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。