2011年06月04日

萌え燃え地下鉄でGO!しかし観光名所に行くには微妙な停車駅

劇場版 逆転裁判」のエキストラがやりたい~!と騒ぐオバサンです。(募集しているのだ) 以前みたいに煩雑に京都方面に行けないから無理だべ。くっ!

関西圏ロケだし~、カプコンは大阪本社だから、映画タイアップしたコテコテな広告を今後は目にすることになるかいな?大江戸戦士トノサマン&ヒメサマンの東映太秦映画村ポスターとかさあ。「枚方パークで忍者ナンジャショー!」もいいな。「消費者金融カリヨーゼ」の看板の隣に「クーリングオフマン」のポスターとか、夢と妄想が膨らむわ。



「萌え萌え」じゃなくて「燃え燃えチャレンジ!」 


女の子は萌ちゃんだが男には名前が無い
前髪で顔を隠しても良いレベルの扱いか?(エロゲかよ)


さて、こちらは地下鉄各駅で見つけた物件ですが、逆裁小道具・・・じゃない、「変なものフォルダ」入りするには今いちパンチ不足ですが、京都市交通局の公募職員(19名)で結成された「若手職員増客チーム」が作成した、オリジナル萌え・・・じゃない応援キャラクターなのがミソ。


エレベーターの前に貼らないと意味ねえ~!


「階段では盗撮に注意!」のポスターか?

マンガミュージアム帰りらしい腐女子っぽい一団が、「へたくそ~pgr」と評していた、今時珍しいプロっぽくないイラストが逆に目を引く。

逆裁はコミカライズもされているから、公開時にはミュージアムでイベントをやるだろうな。





設定としてはこんなとこか?

太秦 萌(うずまさ もえ)17歳 身長158cm 体重47kg
性格・・・元気で活発、真面目だが天然な部分もある。頑張っている人を自然と応援してしまう。

ひょんなことから祖母の経営する京都の老舗旅館で、住込みで働きながら学校に通うことになった17歳の高校生。個性的な旅館従業員や同級生達とともに成長する少女の物語が、古都を舞台に繰り広げられます。(ウソ)

京都市交通局燃え燃えチャレンジ班活動詳細
(名前や性格、身長体重はここに明記してある)



こっちの方がフレッシュで美味しそう


おまけ、京都駅のどっかで見たようなポスター
ダイドー&野村萬斎の広告にそっくり(こちらは小川珈琲&未生流笹岡若宗匠)


太秦萌新バージョンPR「地下鉄に乗るっ」はこちら






Posted by いたのり at 01:06│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。