2008年12月15日

ネコの寺*新京極 誓願寺

誓願寺は新京極のド真ん中、六角広場前にあります。

小さん師匠もいらっしゃったようで
目の前は新京極通り

第五十五世法主安楽庵策伝上人は、人々にわかりやすく笑い話を含めた「説教」をされ、それを集めて著した「醒睡笑」は、後世落語の元祖ネタ本となりました。「落語の祖」と称されており、よって、ここは落語の発祥地なんだそうな。それで本堂に小さんの扇子(「寄席芸人伝」的に言えば「風」)が飾ってあるんだ。

安楽庵策伝上人

他にも清少納言や和泉式部に信仰され、芸事上達の寺としても知られているそうですが、自分にとっては母方の祖父母の菩提寺の総本山で、前を通る度に立ち寄って拝む親しみのあるお寺さんです。(父方の方の総本山は知恩院。観光地ばっか。)移転しても、戦で焼失しても必ず復興し、周辺が栄えるという(今は新京極ね!)逸話も持つ景気の良いお寺です。

誓願寺ホームページ

鐘撞き堂の猫

先日も立ち寄り、お坊さんと「祖母のお骨を納めさせていただきました。」なんて話をしていたら、鐘楼に猫が!「あ、猫!」とオバサンが言うと、「誓願寺は、猫がようさんおるんですわ~。」

「新京極中の猫が来るんとちゃうかなあ・・・。猫寺や・・・。」
と、彼の見る先の屋根には猫が4匹!!!

猫のたまり場
町のド真ん中

猫寺!
イイ!
実にイイ!

この光景を、小野敏洋の絵で脳内変換して眺めるオバサン。(バカ)

本堂前にも

何度もここに来ていますが、こんなに猫を見たのはこれが初めてで、エサをやるとか一切していないのに集まって来るそうです。恐るべしネコ寺。

造形芸大に次ぐ猫スポットとして、早速マイマップに記しておこう!


ライト商会のきんたろうは、近所の野良とバトルした名誉の傷跡が耳にありますが、こいつらとやりあったのかな?真如堂も猫が多いって案内の人に聞いたから、観光シーズンも過ぎて静かになったところで、改めて「猫見」に行こっと。


誓願寺の猫その2





Posted by いたのり at 23:20│Comments(2)
この記事へのコメント
初めまして~♪ 京都を歩くアルバムのりせと申します。
ランキングのカテゴリーを1部京都旅行に変更してから時々見せてもらってます。。。大笑い・・楽しいブログで大好きです。
猫大好きの私です。誓願寺にいましたか・・・御池通りを越えて御所に近い「革堂」いました。他の猫スポットですが、、、哲学の道の南の端の広いところ、御所の南西の池のあたり、大覚寺の大沢の池、真如堂、くろ谷、宝ヶ池、荒神橋の喫茶リバー○○(でも、喫茶のご主人が猫嫌い)の南の鴨川の柵の上、各大学。
通称「猫寺」としては「称念寺」がありますが、門の前の家に大きなペットボトルが並んでます。(大笑い)
長々とスミマセン・・・また寄せていただきます。
Posted by りせ at 2008年12月25日 15:11
はじめまして。コメント並びに貴重な「京都猫情報」をありがとうございました。

哲学の道の南の端・・・猫町カフェに置いてあった猫写真集で存在を知って、子供が探しに行ったものの、結局わからなくて、あきらめて帰ってきました。
今度は母が探しに行きます!
真如堂周辺は確かにいますねえ。
誓願寺はまた何匹かいたので、近いうちに写真を載せたいと思います。

教えていただいた猫スポット、年が明けたら早速「猫見」に行かせていただきますね。
他所様とは全く方向性の違う「お笑い京都ブログ」ですが、是非またお越しくださいませ。
Posted by いたのりいたのり at 2008年12月28日 01:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。