2011年04月22日

更に京都らしい学生アルバイトあるよ~\(^o^)

先の葵祭行列エキストラアルバイトに続き、せっかくだから京都らし~い学生アルバイトを集めてみました。


まかない付き?

言わずもがなの有名店出町ふたばのアルバイト。個人の店舗でのアルバイト募集は、例の老舗カフェ進々堂京大北門前店のように、概ね店頭の貼り紙で告知されますが、さすがにあの行列では貼っても学生は見てくれないのでしょうか?京大に直々の助っ人要請です。



こちらは鴨川をどりの着付けアシスタントという、着物好きのオバサン垂涎のお仕事。何しろ本物!東山界隈の舞妓変身スタジオの助手業務や、修学旅行生相手にニセ舞妓になって踊るってのとはグレードが違います。


京おどりは宮川町歌舞練場、都をどりは祇園甲部歌舞練場


鴨川をどりは先斗町歌舞練場。場所を間違う人も多いらしい。

鉄ちゃんにオススメするのはこちら。



鉄オタの友人が、ケーブルカー乗務をやりたいと申しておりました。比叡山方面ではガーデンミュージアム勤務というのもあり、こちらはケーブルカーとロープウェイで通勤というのがたまりません。



他にも銀閣寺界隈の土産物屋や飲食店(豚児は銀閣寺喜み家おやつ付きアルバイト募集に心が動いたとか)、毎年紅葉シーズンには永観堂の売店や駐車場整理の仕事があります。古都の観光は、学生諸君の働きで成り立っているのです。


追記・・・湯川秀樹著「旅人~ ある物理学者の回想~」の小学校(京極校)時代の記述に、「クラスに黒本君という、少年がいた。河原町今出川を上がったところの菓子屋双葉もちの息子である。(中略)黒本少年は、いまも当時の童顔を残したまま、双葉もちの店にすわっている。父の業をついだわけだ。」とある。出町ふたばの豆餅や赤飯(超美味!)を購入すると、包みに製造年月日や注意書きとともに「製造者黒本ナニガシ」と記されたシールが貼られており、バイト募集の担当名も黒本とあるから、ここの先代か先々代のことらしい。






Posted by いたのり at 22:52│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。