2011年02月13日

フーコンファミリーは京都産!(ファニチャードーム産ではナイ)

多忙を極める中、これだけはどうしても行きたい!(さんざんネタにしている以上)行かなくちゃ!な展覧会に最終日ギリギリで行ってきました。


クラナドは人生、マイキーはロマンス

「オー!マイキー ロマンス ~オー!マイキー10年の歩み~」展

京都国際マンガミュージアムHPマイキー展詳細

OH!マイキー公式サイト


展示室=元教室






ファニチャードームにて

異色のマネキンドラマ「オー!マイキー」の展覧会です。東海地方の人間にとっては、ファニチャードームの入口にあるのを持ってきたんじゃね?と思っちゃうんですが、実は京都生まれなんですよ。マイキーは。京都にお友達が多いのもそのせいか?

京都のお友達(北白川編)

京都のお友達(ポルタ編)

京都のお友達(壹錢洋食の店編)

京都のお友達(京都駅&修学院編)

二条城や大覚寺なんかにもいるよね。


ミュージアム内は通常撮影禁止。でもマイキー展は記念撮影OK!




人形とパネル展示とDVD上映

左京区岡崎辺りがロケ地だそうですが、そう言われて見ると、なんとな~く見覚えのあるような場所が・・・。





展示室こと元小学校の何年何組だかの教室に、マイキー出演者が勢揃い・・・とまではいかないけれど17体並んでいるのが、番組以上にシュールな光景。フーコン一家を始め、意地悪なエミリーちゃんも、あの嫌な双子もガム子もいたけれど、オバサンの好きな宇宙人と、ボブ先生母子がいなかった。ちっ。







会場モニターで上映もされ・・・って京都造形芸大でも見たよ。でも、何回もつい見ちゃうんだよね。面白いもん。「ギンタマイキー」も「Yo! Akira」も面白かったよなあ。(いやソレちょっと違う)








ちなみにパパは幼少時に「悪魔くん」の妖怪首人形(一つ目マネキン)を見て以来、マネキン人形が苦手だったそうですが、この番組で怖いイメージが払拭されたそうです。ヨカッタネ。






京都土産は売り切れ


京都発ってことで、これはもう最終日の打ち上げは、壹錢洋食の店で決まりだね!!!

ハーッハッハッハッ!(マイキー風に笑って終わる)


この日はコスプレ交流イベント「COSJOY」の日でした


レイヤーさんが違和感無く溶け込んでいました


田中圭一プロデュースのコミpoイベントもやっていた





Posted by いたのり at 02:01│Comments(2)
この記事へのコメント
初コメント失礼いたします。前から隠れファンとしてブログを拝見させて頂いております。京都、なんと魅力的な響きなんでしょうか、私は東京住みですが毎年数回訪れては徘徊・徘徊。マイキー君に会いたかったです、しかし京都生まれとは知らなかった。シュール過ぎるドラマ展開、大人のちょっと危ない会話も、下手に人が演じるより効果大だと評価しております。これからもちょっとディープで普段は気づかない隠れ京都の魅力、期待しております。長文で失礼いたしました。
Posted by 犬狼・TAKE at 2011年02月13日 18:34
はじめまして。コメントありがとうございました。

マイキーが京都産だったのは自分も驚きでした。石橋義正氏が京都在住
とのことで、以前、造形芸大でプロジェクト参加学生を募っていたのは、
単に地元だということかと納得しました。とある回の住宅地が、
どうにも見覚えがあるので、今度岡崎界隈を歩いて探そうかと・・・。

「ディープな隠れ京都の魅力」と言うよりは、「できれば隠しておくべき
京都のガッカリネタ」を掘り起こしている当ブログですが、喜んでいただけて
幸いです。まだまだ未紹介物件が沢山ありますので、今後ともよろしくお願い
いたします。
Posted by いたのり at 2011年02月19日 01:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。