2011年02月25日

御所の細道*梅香る京都御苑

♪ここはどこの細道じゃ~

ゴキゲン鼻歌気分で、京都御苑を自転車で走っています。



砂利で走り難いですが、次々と通る自転車のタイヤ跡が小道を形成していて、そこを走ると楽~。


蛤御門の細道

いつの頃からか「御所の細道」と呼ばれるようになったという、この自転車の轍道。グーグルマップの航空写真で見たら、御苑内をナスカの地上絵のように白く線が続いていました。何かの図形になっていたら面白いのにね。

グーグルマップ京都御苑航空写真


芸術新潮の「大人の修学旅行特集」で赤瀬川原平も注目していた


京都御所周囲の元宮家や公家の邸宅街を公園化し、市民に解放したのが京都御苑

「轍」って漢字は、少年マガジンの松本零士の漫画で知った。「男おいどん」の大山登太がどうにも好きになれないキャラ(何にもしないくせに上から目線でミサワ以下)だったから、ワダチは好きな方。しかし『カミヨ計画』って「セクサロイド」で既にやってたじゃんとツッコむ嫌なJCだったわし。(叔父さんちにプレイボーイの別冊特集号があって隠れて読んだw)


十字路だ~


交差点に進入中


一度やってみたかった「京都御苑を自転車で突っ切る」ことができて大満足です。梅が満開で良い香だし、鼻歌も出るわよ。





ここはどこの細道じゃ
地獄川原と申します
くりからくりから骨紬
呪う悪魔の影揺れる
行きはよいよい 帰りは怖い
河童の三平 どこへ行く?


天神様の唄の方じゃなくてすみません。周りの景色に馴染まない気もするが、京都はほれ、怪異に妖怪に陰陽師てんこもりな街だもの。


大文字もくっきり





Posted by いたのり at 21:47│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。