2008年12月27日

マイキーの新キャラ発見!3*壹錢洋食の店編

喫煙、ケータイOK!シートベルト不可

京都でヘンなマネキンと言えば絶対に外せない所。それが「壹錢洋食の店」。

京都らしからぬ雰囲気

「一銭」ではなく「壹錢」が正式表記です。カプコンゲームファンとしては、「いちゼニー洋食の店」と、ついつい言ってしまいます。 

壹錢洋食の店HP

京都の「こてこて」

絵馬に千社札に何だか分からないものまで、近くの南座の勘亭流招き看板以上にぎゅう詰めコテコテ!の店の様子を見て、大阪が本家の店かいなと思っていましたが、れっきとした京都資本の店のようです。

通販サイトのお古乃美焼についての説明、「お客様のご要望につき、仕方なく販売させていただいとります。」って言いっぷりに、京のイケズが遺憾無く発揮されています。

入口のひと
ボウズ尻丸見え
中のひと

で、マネキンは外のベンチにひとり、店内の客席に4人と、いつ行って見てもワケワカメ。

「丁稚どん」?

表のフル〇ンボウズは、その名も「壹錢喰太郎(いっせん くたろう)」で、「墓場鬼太郎」の親戚みたいな名ですが、マネキン姐さん達は何者で何という名前かは、何故かHPのどこにも言及してありません。

ヤマトマネキン?

だからと言って企業モノに勝手に名前を付ける訳にもいかないから、「OH!マイキー・京都編エキストラ」ってことにしておきます。もちろん性格設定は全員「イケズ」そのもので、口癖は「ぶぶ漬け食べて帰りなはれ」。トニーとチャールズや、ローラちゃん以上に困った存在なw

今度「激辛」に挑戦してみよう
具は葱、コンニャク、牛コマ、天かす、干し海老、チクワ、紅しょうが、刻み海苔、半熟タマゴ

肝心の壹錢洋食(650円)ですが、池波正太郎の書く「どんどん焼き」や、ウチのジジババが昔食べたと言う「ごっつぉー焼き」みたいな、レトロ風なお好み焼き(ここでは「お古乃美焼」)のことです。

美味しいけれど、毎度ながら焼き立てなのにちょいと「ぬるい」。混ぜ込む具のコンニャクや牛肉が冷たいのかなあ?ソースも甘辛両方イケルし、修学旅行生に混じって食べるのも面白いんだけど、これだけがちょっと不満。

ま、しかし、マネキンとサシで食べるという凄い体験ができるのはここだけ~。(ここ以外にあったら教えてください)

他にメニューは、生ビールと冷やしアメ、あとラムネしかおへん。でも、河原町の高島屋京都店地下にも売り場がおすえ。(630円で本店で食べるより20円お安いどすえ)

南座の近くです
マッチにオスメスって・・・

お土産はキーホルダーやステッカーといった喰太郎グッズの他に、昭和お色気臭プンプン絵柄の「エッチマッチ」なる品もあります。「小沢昭一の小沢昭一的こころ」を喜んで聴いている世代向きですね。店内の絵馬も鋭く昭和エログロナンセンスです。

(↓拡大して見てね。良い子は見ちゃダメ!)


オー!マイキーTV東京公式サイト

マイキーの新キャラ発見!1*北白川マイケル編*

マイキーの新キャラ発見!2*京都駅前地下ポルタ編*

マンガミュージアムのマイキー展に行きました!





Posted by いたのり at 23:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。