2010年10月28日

鉾町山町ハレの日ケの日

烏丸通と蛸薬師通の交差点のとこの「フローイングカラスマ」でお茶したので、そのまま烏丸通の西をちょっとぶらぶら。


元銀行なので金庫がある。街中だけど広くて落ち着くオサレカフェダイニング


プリンが美味しい


外観もレトロ

界隈は京都一のオフィス街で、呉服関係の会社が目に付きます。要所要所に山鉾が立ち並ぶ祇園祭の宵山ぐらいしか、観光客はあんまり用の無い方面です。観光ガイドに掲載されるのは、紫織庵、京都芸術センターの昔の学校の教室利用のカフェ前田珈琲明倫店、三条のレトロビル文椿ビルヂング(ふみつばきビルディング)ぐらい。


文椿ビルヂングは雑貨ファンにオススメ

祇園祭の山鉾があって、会所飾り、屏風祭をしているのは、八坂神社からかなり西側で、一番近いのが四条通の長刀鉾です。

一昨年の宵山の八坂神社前の祇園石段下交番には、その旨を知らせる貼紙があり、訪れた観光客が「八坂神社の近くに(山鉾は)あるんじゃないの!?」と驚いていました。自分もかつてはその一人でした。


この付近に山鉾はありませんから!

山鉾が立つ町を「鉾町」や「山町」、まとめて「山鉾町」と呼び習わすようです。月鉾保存会があるのは「下京区四条通新町東入月鉾町」、太子山保存会は「下京区油小路通仏光寺下る太子山町」と、ズバリ山鉾の名が町名になっている所も多い。いや、逆かな。

京都祇園祭公式HP
各山鉾保存会詳細もこちらから


因みに現・任天堂社屋は南区上鳥羽鉾立町にあります。ピクミンのオリマーの故郷ホコタテ星の名はここからだそうですが、毎年近くで鉾が立つのでしょうか?




室町通を歩いていたら、手ぬぐい屋じゃない方の永楽屋(室町店)の大きな店舗・・・ん~、ここ見覚えがある。確か鯉山を見に来て、店頭で焼いて売っているお餅を食べたら美味しかった。(楽しい思い出は常に美味しい食べ物とセットである。)

永楽屋HP
(永楽二十四節気小暑の項に室町店と鯉山の写真があります)


てことは、近くに鯉山・・・目の前でした。



隣は町家カフェ


ぴったりと木戸が閉められていましたが、この奥が細い路地になっていて、会所があって、突き当たりで子供達がロウソク売りの歌を歌っていたのね。



みんな雨宿り


「ソーサリアンオンライン」等を作っている電遊社というゲーム開発会社があって、宵山では社屋のまん前に黒主山が建つ新旧合わさったシュールな眺めでした。会所は近代的なマンションの1階で、ここの賃貸収入で、黒主山の運営がされているとのこと。


ディベロッパーと曳山





山の本体は普段は円山公園の祇園祭山鉾会館に収蔵されていますが、1階ホール(ここに会所飾りがされる)には、黒主山を彩る桜の造花が飾ってありました。重森三玲邸のドライフラワー同様に、魔除けのお守りなんだそうな。

黒主山保存会公式サイト






衣棚通を御池方面に行ったら、「ちおん舎」という町家利用のいい感じのお店。





エッセイ集「天使突抜一丁目」で知られた、マリンバ奏者でアンティーク着物コレクターの通崎睦美さんプロデュースによる通崎好み製作所の品が色々置かれていました。シロツメクサモチーフの西陣織パソコンバッグがちょっと欲しかった。

通崎好み製作所




あてもなく適当に歩いていたら、こんなレトロな建物があったりして。


門灯に「新町商事」とあったが詳細は不明


家と共に旧式ポスト(第一号の記念的品)がイイ味を出している



お祭りの「ハレ」の日ではない、何も無い「ケ」の状態の街歩きも楽しいです。宵山MAPを片手に、他の鉾町山町をひとつひとつ歩いて見てみようか・・・それとも、カンだけを頼りに「のんきな迷子」になろうか・・・。

でも、帰ってから改めて地図を見て、「しまった!あの角のほんのちょっと先に○○があったのか!?」と、良く後悔するからなあ。

なかなか散歩の達人にはなれないや。


「天使突抜」についてはこちら


鈴鹿山は烏丸通沿い





Posted by いたのり at 23:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。