2010年10月30日

反はんなりビタミンカラー!*出町枡形商店街

寒いしパッとしない京都の天気でございます。基本は「曇天」。布団もおちおち干せません

天気と共に曇りがちな気分ですが、ここは視覚から元気を取り入れないと!と、訪れたのがこちら。枡形商店街の井上果物店でございます。



見よ!この目の覚めるビビッドカラー!「錦秋」なんて生易しいもんじゃねー!


外国のデコレーションケーキを髣髴とさせる

同じ商店街のドラッグストアのPOPが、和菓子的な優しい色彩に見える。



この色合いから、ドラゴンフルーツみたいな南国果実ばっかり商ってるんじゃないかと思えますが、普通のミカンやりんごが並んでいます。茄子やらキノコやら野菜系も並んでいます。はんなりの真逆を行く色彩感覚ですが、いいじゃん、派手派手京都元々は全部平安神宮みたいな色だったんだし。

よし!商店街のキャッチフレーズ通りに、超強力ビタミンカラーで元気が出た!




鯖街道を示す巨大サバ


京都は肉の産地なのか?美山の方とか?

Twitterやイベントを通じてどう新たな客層を掘り起こすか、出町枡形商店街も色々と模索しているようです。(Tシャツも制作) 今後も、お買い物を通じて協力したいと思います。

出町Tシャツ(通称デマT)は枡形商店街の岸本屋で販売中


お月見イベントのポスターだが「ひなまつり用」に見えてしょうがなかった



錦市場のTwitter導入については、以前「ガイアの夜明け」で放映していましたが、某店はアカウントは取っているものの全く呟いていない。訊いてみたら、「ウチみたいな割引とかせえへんとこは特に何も・・・」「何ゆうたらええかわからん。」「休みの日ぐらいやってもええか・・・」と、イマイチ乗り気がしない様子。いいのか?・・・てゆか個人レベルだと、大抵はそうなるよねー・・・。







Posted by いたのり at 22:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。