2010年09月30日

元祖ミヤホンさんマリオ*京都国際漫画ミュージアムexカフェ

任天堂3DS発表記念ネタ

マンガミュージアムのカフェ
に、任天堂の宮本茂氏御来訪!壁にサイン!ってことで見てきました。

京都国際マンガミュージアムHP
えむえむブログ・御来場の際の写真記事有り



マリオの生みの親※注1ですよ!ドラゴンボールやNARUTOやGHOST IN THE SHELLやAKIRAよか、ワールドワイドに老若男女の別無く知られ、愛され続けているキャラクターでありゲームですよ!マリオ、ゼルダ、メトロイド、ピクミン、どう森等々と数え切れない任天堂ゲームのクレジットを見れば、必ずこの方の名があるんだから。

Wikipedia「宮本茂」


エイプの攻略本の表紙は宮本さんのイラスト


海外の漫画の展示もいいけれど、世界に冠たる日本の優れたコンテンツ産業で、漫画とも深い関係にあるゲームについても取り上げてよ!と、常々思っていたから嬉しい!

・・・と、喜んでいたら、別にここがゲーム関連のイベントを企画して招いたんじゃなくて、「文化庁メディア芸術祭京都展」の一環で、当ミュージアムのホールで、マンガミュージアム館長でもある養老孟司※注2と対談をしたんだそうな。シンポジウムの場所が、たまたまここだったってだけかい。任天堂は東福寺の近くだから来て貰いやすいしな。





サインですが、トイレと従業員用通路の手前にひっそりとあって、謙虚すぎるよ宮本さ~ん。元祖本家本元なんだから、くらたまの隣なんかじゃなくて、もっと目立つところにサインしてよ~と、一家でお世話になりっぱなしのゲームファンは思うのです。



コロコロコミックの、沢田ユキオのマリオの方が目立ってるんだもんなあ。



早急に入口脇にあるサインとその作者の説明パネルを更新し、「世界的ゲームクリエイター、宮本茂のサイン」と大きく扱ってください!!!


※注1・・・厳密に言えば「当時の上司である横井軍平氏と生み出した。」が正しいよう。

※注2・・・ゲーム好きで、家人の留守中にコーラで飢えを凌ぎつつ、指の皮が剥けるまでスーパーマリオをぶっ通しでプレイしたと「涼しい脳味噌」あとがきに記している。


五十嵐大介と「日本人の知らない日本語」も増えてた







Posted by いたのり at 23:23│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。