2010年10月14日

進々堂京大北門前店のバイクは如何にして出走するか?

「80周年!」の堂々たる貼紙が目を惹いたので、久しぶりに「進々堂」に入ってみました。言わずもがなの、京都の超有名老舗カフェです。

店内は写真撮影厳禁なので、外からの写真をお楽しみください


貼紙と言えば、ここはアルバイト募集の紙も良く出ていますが、時給等詳細が記されていたことが無い。参考までに、界隈の飲食店は概ね時給750~850円なり。

パンの小売部の出入り口


「山口さんちのツトム君」的昭和チックイラスト


清水焼?


店内には「机や椅子を計測すんなicon08」の主旨の貼り紙がありました。木工の人間国宝黒田辰秋作の長テーブルや長椅子のサイズを計る客がいたのかな?祇園の鍵善良房(黒田作品有り)でも計っていたら笑えるけど。

(倉敷の大原美術館の裏のカフェ エル・グレコが、同タイプのテーブルと椅子でしたが、作者本人に進々堂の写しを作ってもらったのだそうな。)

パリのカルチェ・ラタン地区のカフェを模したそうな。ガーゴイルも?



「80周年」の件ですが、店内の説明文には「昭和5年(1930年)に曽祖父 続木斉と黒田辰秋が出会い、カフェを云々」とあり、これは市内でパンの販売とカフェチェーンを展開する「株式会社 進々堂」のHPの社史に沿っている。でも、ここ京大北門前店に関しては「現在別法人」と記載されるのみ。

「別法人」と言ってもお店だから、非営利の財団法人や社団法人である訳が無く、要するに営利法人=別会社。

根っこは一緒みたいだから、「京大北門前店もよろしく!」的文言や写真が、会社HPにあっても良いものですが、沿革以外は何故か全くスルー。

「曽祖父 続木斉」とあり、株式会社進々堂の社長も続木ナニガシというからには、現店主は同じ一族だろうに・・・一澤帆布的な何かがあるのだろうか?




前にも書いたように「古い図書館の閲覧室」のような、レトロで静かでアカデミックな空間が売りの店です。旅の恥は掻き捨て的な騒がしい観光客や、常連顔で振舞う学生客が皆無なことが、一人客には非常に好ましい。

但し、サービスというか愛想は何時行ってもイマイチ。禁煙喫煙席の仕切りが無い。クッションやひざかけの類は無し。トイレ(一旦庭に出なければならない)は和式。京大生に愛されるとありますが、年配客※注も多いのに・・・。特にハイシーズンや知恩寺の手作り市の日(毎月15日)は、妙齢の御婦人方で賑わいます。


2階の窓はステンドグラス。見たい


中央部の書棚には「ダ・ヴィンチ」「サライ」「ENGINE」「ロッキングオン(3年前の)」「AERA」「美ストーリー」「フィガロ」「環」「暮らしの手帖」「芸術新潮」「和楽」「濃青(京大体育会系機関誌)」・・・う~む、店の備え付けと言うよか、客が読み飽きた本を置いていったらこうなった的品揃えだ。ダ・ヴィンチと親和性の高い「活字倶楽部」や「ファミ通」を、こっそり混ぜておきたい。

万城目学が自家製カレーパンセット(カレーパンではなくカレーとパンのセット。給食のカレーシチューとパンの組み合わせを思い出す。780円)を食している先月の「dancyu」は置かないのかな?でも、この店を作中使ったのは、マキメじゃなくて森見登美彦だ。黒髪の乙女が似合う喫茶店。


「京都モーニング巡礼」として進々堂、イノダ本店、ル・プチメック、六花が紹介されている



で、この店の最大の謎です。

中庭(裏庭。店内同様撮影禁止。テラス席もあって良い感じなのに、園芸道具や枯れた鉢植えが出しっぱなしで手入れ不足)のトイレ脇にいつも置いてある、ヤマハのでっかくて赤いオンロードタイプのオートバイ

写真はイメージです


店の雰囲気に全然そぐわないのもアレですが、これを出し入れする外部直結の出入口が、どこにも見当たらねー!!!ここの敷地はフェンスというか塀でガッチリ囲まれている。一体どうやって道路まで出すんだ???


レンタカー屋とマンションに囲まれている

脇に母屋の入り口っぽいのがあるから、そこから京風に玄関直結のハシリにでもなっているのかと思ったが、左隣はレンタカー屋さんの駐車場で塀。裏と右隣はマンションで同じく塀。2階への外階段が見えるだけで、建物はカフェとパン小売部の2箇所以外、出入口は一切無い。

唯一考えられるのは、店内を通って直接店舗出入口から今出川通に出し入れ・・・できないこともないが、まさかね。でも、それしか・・・。 

老舗カフェから、いきなりライダースーツの主(?)と赤いオンロードバイクが出走するのを想像しながら、名物プチ・デジュネ(パンがマフィンなだけの愛知県人にとっては普通のモーニング風セット500円)を食べ終えるわし。

足元もタイル(陶板の破片?)でオシャレ





80周年と言っても、清算時に特に粗品の類はくれませんでした。(実はこれをちょっと期待して入ったのである。記念カフェオレカップを1800円で販売中。)

ここは毎度レシートを出してくれませんが、お店ほどでは無いが年季の入ったレジスターだから、交換用のレジロール紙が既に生産終了なんだろうと、好意的に解釈しておこう。




隣のマンション1階のシサム工房で雑貨を見て帰ろう

※注・・・京都の有名喫茶店は古いが故に、冷暖房の効きにムラがあったり、店内に思いも寄らない段差があったり、トイレが狭かったり和式だったりする所が多い。

子供や年寄り連れ観光の休憩場所としては、冷暖房、洋式トイレ、ゆったりシート、店員のサービス(愛想)という点で、ファストフードやカフェチェーン店の方を推奨します。六角堂の隣のスタバ三条大橋袂と錦小路(錦市場の西側)のスタバが、京都らしい立地でオススメ。

追記・・・進々堂では大学の先生やその道のオーソリティーを迎えて、定員20名ほどでお茶しながら科学のお話という店内イベントが時折催されるようですが、いつ何があるのか、その際一般客は締め出しなのかどうか不明。面白そうなのに。お店のHPを作って告知して欲しい。



追々記

「バイクの出入り口の謎」について、コメントで解答をいただきました。ありがとうございました!






Posted by いたのり at 23:42│Comments(4)
この記事へのコメント
新進堂、素敵ですね!行ってみたいと思いながら、バスで通り過ぎたことは2~3回。でもバスからは発見できませんでした…。。
やっぱり、わざわざ行ってみよう!!7月以来京都行ってない!
父さんは来週出張帰りに寄るって…う、うらやましい!
知恩寺の手作り市に行きたい。。。
Posted by すー at 2010年10月17日 21:41
知恩寺手作り市の日は本当に混んでいますので、近辺のカフェの出店の
手作りケーキと、紙コップの御多福珈琲で境内で一服しています。

バスが満員、いつもの食事場所も混雑と、豚児がうんざりする秋ですが、
やっぱり、京都は気候の良い時に廻りたいですよね。実は12月が空いてて
紅葉もまだまだ見ることができて穴場ですが、主婦は何かと気分が
せわしない時期だからなあ。。。
Posted by いたのりいたのり at 2010年10月18日 01:50
初めまして、突然すみません。
懐かしい名前と内容なのでコメントさせていただきます。

進々堂、懐かしい。
バイトしてました。
あそこのレジは計算機の機能も使えないんですよ。
だから出し入れ機能のみで、レシート出せないんです。
すみません。
店員が暗算でやるんです。あ、電卓は使っていいんだったかな。

バイトがすぐやめるんで常に募集してるんです。
時給が最低時給で、店長の奥さんがちょっと厳しい人なので(店長は寡黙)、まああと人気店で忙しいので。
でも売れ残りのパンが1,2個、毎回帰りにもらえます。
賄いは有料でしたね。
京大真ん前なので京大生が幾らでも応募にくるので、店長さんも奥さんもバイトと接点持ちたがらないですね。別に辛く当たるわけでもないんですが。なので店員も目の届かないところではぼーっとしてるのかもです。私も愛想悪かったですね。

同名の他店とはどうなんでしょうね。パンとかはそっちから配達されたのを出してるので、仲は断絶してるわけでもないみたいですね。でも言い訳でもないみたいですね。

バイクはお察しのとおり店内を通りますよ。勿論閉店後です。
Posted by あそこのカレーが好きでした。 at 2011年02月10日 13:50
はじめまして。コメント(並びに内情暴露?)ありがとうございました。

バイクの出入口の謎が解けてスッキリ!!!
くだらないことが気になって仕方がないオバサンですが、答えてくださる方が
いらっしゃるとは思いもしませんでした。感謝感激雨アラレ!

パンは店内で焼いている風じゃないなあと思っていましたが、別の進々堂
経由でしたか。やはり何かありそうですねえ。給食を思い出させるカレーと
パンのセットが美味しかったですが、遅い時間に行くと売り切れで、まだ一度
しか食べられません。

グ「あのー、このレジ精算できないんですが…」
女将「暗算でやれるやろ」
バイトと店主側のやりとりが、グレゴリー青山の漫画で脳内再生されていますw
Posted by いたのり at 2011年02月19日 01:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。