2010年08月19日

京大病院に行ってみた1*任天堂編

友人が京大病院に入院したので、お見舞いに行ってきました。



京大病院っつったらアレですよ~!任天堂相談役の山内溥氏が事業費75億円を全額寄付して、この春オープンした最新病棟!




「最新の施設で最高の医療を提供して欲しい」と、私財を投じられたそうです。金持ちパねえっす。

友人の話では、入院時の病室には10ランクぐらいあって、最上級個室が一泊12万円(医療費食費等別途請求)で、次が8万。ひええ。「ベッドが空いていないので個室でもいいですか?」などと言われて、差額ベッド料金を払う羽目になったら恐ろしや!(本来請求してはいけないのだそうだが)

積貞(せきてい)棟には、こういったハイクラスの個室があるものと思われます。各室のテレビにWiiがセットされていて、アメニティグッズにニンテンドーDSiLLが付く、わきゃない。



金戒光明寺の墓地もバッチリ

特上部屋はやはり眺望の良い最上階かな?16日の五山送り火は、1階の病院玄関前から如意ヶ岳の大文字が良く見えたそうなので、試しに最上階の8階に上がって見たら、比叡山から大文字、金戒光明寺の塔と素晴らしい見晴らしでした。わ~、ステキ。

(どれも「お迎え」関係なのが気になったけんど・・・。)

つづく


1階にはドトールもあるよ!名市大病院にはスタバがあるんだ!






Posted by いたのり at 22:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。