2010年08月31日

荒木先生と記念写真!*幕末維新ミュージアム霊山歴史館

歴史物大好きなパパ(歴男?)の要望で、幕末維新ミュージアム霊山(りょうぜん)歴史館に行ってきました。



どんがまの近くの酢屋の2階にも龍馬関係の展示がありますが、「入場料を考えれば、絶対霊山でっせ!!!」との、タクシーの運転手さんの推薦でこちらに。

大龍馬展(何だかデパートの物産展みたいなネーミング・・・大京都展とかさあ)」の第Ⅱ期を開催中でした。

すごい坂道

去年までは、高台寺前のねねの道に続く急勾配の坂の前を通っても、あんまり歴史館方面に行く観光客は見なかったのですが、今年に入ってからの盛況ぶり。何だかんだ言ってテレビの力は大きい。

幕末維新ミュージアム霊山歴史館HP

館内は一部を除き撮影禁止なので、詳細はHPを見ていただくとして、レキジョじゃない普通のオタクにとっても、なかなか楽しめる展示内容でした。そして、例によって変なものを探すオレ。

売店にて。海洋堂製ではない。原型師は誰だ?



同人グッズかとオモタ

2階の幕末維新シアター上映の、池田屋、寺田屋、近江屋各事件の解説が、どう聞いても竹内順子の声だったり、売店で売られる龍馬一筆箋が、月刊Asukaの硝音あやのイラストだったり。


龍馬は身長173cm

新選組コスプレ可


いかにも観光地らしい記念写真コーナーでは、荒木飛呂彦先生に似ている(逆か?)ことで有名な土方歳三と肩を並べることができたり。「銀魂京都ツアー」にもオススメな場所です。

トッシーは身長163cm

荒木先生のいつものアレ


地元の吉浜人形の「紫峰人形美術館」並みのを期待していたので、目玉の龍馬暗殺シーン再現模型が、思ったより小さかったことがちょっぴりガッカリ。あと、1階の館内BGMが「美しく青きドナウ」なもんで、幕末維新の遺物を目の前にしながら、頭ん中は映画「2001年宇宙の旅」の、月への宇宙旅客機エアリーズ号が再生されてヘンな感じでした。



東京裁判のパール判事の顕彰碑も。太平洋戦争の戦没者も祀られている。

京都霊山護國神社HP

眼前の山一体には、幕末維新の志士達の墓所がありますが、暑いから登るのはまた今度にして、高台寺の前から石塀小路を通って、「相棒」ごっこをして、平和をどっぷり享受しつつ帰りました。


四条界隈の龍馬関連の地についてはこちらへ










Posted by いたのり at 01:08│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。