2010年08月03日

漱石の上のポニョ*京都国際マンガミュージアム

ひっさしぶりやな~!ペッピー!(@スターフォックス64)
じゃねえ、久しぶりの京都国際マンガミュージアムでございます。

京都国際マンガミュージアムHP



外から屋内の「巨大火の鳥」が見える




まずはexカフェ漫画家サイン情報です。(ミュージアムチケット半券を出せば、飲食が10%引きになる)



ポチして拡大画像で見てね
拡大して見る

去年の様子はこちらへ


なんつーか、サイバラくらたまもここまで来たなら、マジで「御金神社」まで足を伸ばして欲しかった!






谷口ジローも「フランスSFマンガの想像力、メジエール×クリスタンの世界展(ここでの×はBL的意味のそれではナイ!)」で御来場されたはずだが、井之頭五郎は加わっていない~。

日本と感覚が違う


その代わり、以前描かれた漱石先生の上に、こんなんいました。



漱石の上のポニョ
返却口の脇のポニョでもある。小金井市のイメージキャラクター並みの脱力系の絵ですな。

こう見えても正規の宮崎駿デザインのキャラである
こんなんでギャラは100万円ですって!

個人的には、アンパンマンの上ぐらいに描いて欲しかったような・・・。



漫画家諸先生方のサインの説明パネルが、新たに設置されていました。親切。でも今年3月現在なので、既に情報が古いわな。




ちょっとブレちゃったけどこんな感じ

んで、ミュージアム最大の目的だった「フィギュアの系譜 土偶から海洋堂まで」ですが、豚児と2人で見てもツッコミどころが多すぎる!この際、後日パパも一緒に来て、オタク一家総動員でツッコミまくりたいと思います。


海洋堂のBOME氏も御来場







Posted by いたのり at 01:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。