2010年09月24日

探偵電話、こち亀電話



喫茶探偵」でお茶していたら、入口脇の電話が鳴り、カウンターからお店の人(林海象監督の奥様らしい)が出てきて受話器を取った。

かっけー

「ええええええ~!?あれ、使えるんだ!?」
「飾りだと思ってた!!!」

親子でビックリ。実用品だったんだ。レトロでかっこいいデザインだから、映画の小道具を飾っているとばかり思っていました。





しばらくして、少年ジャンプ40周年記念出版とやらの「マンガ脳の鍛えかた」を読んだら、秋本治(オバサン未だについ「山たつひこ」と言いそうになるんだw)の仕事机に見覚えのある電話が・・・。



アマダナの電話機のデザインがいいな~と思っていたが、今は「スパイ大作戦」みたいなこれがちょっと欲しい。

でも、我が家では、ネット接続用の専用回線に成り果てていて、固定電話はほとんど使われないから、それこそ単なる「飾り」になることは目に見えている。やっぱ、やめとこ。


(品物の詳細ですが、「Spirit of St. Louis」と記されたタグがあって、リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行の頃の電話をモチーフにしたアメリカン雑貨らしい。アマゾンU.S.Aにはこんな持ち運びタイプのがあった。こっちも「ひみつ探偵セット」ぽくてかっけー。) 




店内に事件の始まりを告げるベルの音が鳴り響く





Posted by いたのり at 00:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。