2010年06月01日

困った時のほっこり京都頼み?*喫茶fe カフェっさ

雑誌ku:nelが思いっきり京都特集で、喫茶店「喫茶fe カフェっさ」が載っていたので久しぶりに買いました。(近場のナチュラル系カフェはクウネルが標準装備だから、こっちに来るようになってから買わなくなった)

向こうは白川

古川町商店街の近く

天然生活は特に無かったけれど、暮しの手帖は「京都名庭散策」で、ほっこりていねい豊かに暮らす系雑誌は、京都がキテるのだろうか?(そろそろ和楽あたりも特集しそう) それともTV界の「困った時のラーメン特集」、デパートの「京都物産展」みたいに、「雑誌不振時の京都頼み」とかあるのかしらん?

(その辺の空き缶に草花植えて特集とかさあ、ちょっとネタが尽きてる感があるのよクウネル。今月号も、個人的にかなりビミョ~だった店が載っている。)

写真が一枚きり

で、いえっさじゃなくて「喫茶fe カフェっさ」です。「きっさふぇ かふぇっさ」と読むらしいが「fe」って何だべ???

写真がマスターの姿しか無くて不親切。「オオヤコーヒのオオヤミノルさんと行く喫茶店」特集なのに。

六曜社地下店のドーナッツとコーヒー

「マスターは三条地下の六曜社の息子さん」とありましたが、六曜社地下店は1階の御店主の息子さんの店だそうだから、つまり「親子3代喫茶業」ってことなのかな。良くわかんない。もう少し突っ込んだ取材を頼んます。

(写真の地下店の手作りドーナッツはコーヒーに良く合って美味しいけれど、奥のトイレが細い階段を上がって1階のそれと共有なので、足の弱い年寄り連れの場合は、レトロな味わいの1階店舗をオススメします。)


六花もクウネル常備店でした

「カフェっさ」の店舗は、以前は「六花」というステキカフェで、ここが東大路の信三郎帆布の向かいに移転した跡に開店しました。

広くなった「六花」

六花がこじんまりと落ち着いた、手作りの雑貨も販売している、「可愛い」があちこち隠れたお店で気に入っていましたが(現在の店舗は広くなった分面白みが薄れた)、カフェっさも静かな和めるカフェです。

ケーキが可愛い~。テーブルや椅子やカウンター下の本とか、六花の時とあまり変わっていない印象でした。まるっと居抜きか?

アヒルクッキーが可愛い苺のタルト

こっちも可愛い

変わらないタイルのカウンター


古川町商店街のオトナの修学旅行推奨地「むらを東三堂」東大路の謎の店「鈴木古道具店」のすぐ近くでお休みどころに最適です。

すぐそば

最後にマガジンハウスに、もうひとツッコミしておこう。

巻頭綴じ込みの京都イラストマップ、わかりにくい!読み取りにくい!


追記・・・2013年6月で「喫茶fe カフェっさ」は閉店しました。





Posted by いたのり at 23:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。