2010年05月16日

真知子巻きより鬼首(おにこべ)村*「君の名は」きせかえ

ここしばらく地元にいるわけですが、ナニがくやしいって15日の葵祭が見られなかったことより、今日16日の「ガンダム講談・ガンダム町家に立つ」に行けなかったってことです。くっ!


お相手の後宮春樹は不在

こちらは先の芸妓さんの結髪を見て、ふと思い出してひっぱり出した着せ替え。一世を風靡したラジオドラマ「君の名は」の映画版、岸恵子演じる氏家真知子さんの花嫁姿が眩しいです。

もちろん真知子巻きでファッショナブル。

嫁入り道具のミシンはともかく、裁縫用のこてなんて今の子どころか、自分と同世代でも知らない人が多いです。(着物の仕立てをする姑は持っている)

お嫁入り道具に新婚旅行用のバッグもあってよ

しかし、メルアドの交換・・・は無理だが、せめて互いに自己紹介ぐらいしとけば良かったのにね。その後のドラマは展開しないけれど。

ラジオ番組全盛の時は、銭湯の女湯がガラ空きになったという逸話がありますが、オンタイムで聞いていたバアちゃん(母、当時は会社の女子寮住まい)が言うには、「皆はラジオの前にいたけれど、あたしゃ一人で悠々と湯船に浸かっていたよ。あんなんいつ聞いてもすれ違ってばかりだし。」

この親にしてこの子(オバサン)ありです。


お庄屋さんのとこに戻ってめえりやした。どうぞかわいがってつかあさい

岸恵子は、真知子巻きよか「悪魔の手毬唄」の手ぬぐいで顔を隠した老婆役の方が、オバサン世代にはピンと来ます。お相手の春樹役の佐田啓二の娘の中井貴恵は、同じ角川横溝正史映画の「女王蜂」では、原作イメージに程遠い地味~なヒロインでした。






Posted by いたのり at 21:38│Comments(2)
この記事へのコメント
ブログ村のランキングからいつも楽しみに拝見しておりマス〜^^♪♪♪
京都の珍スポット記事が個人的にはめっちゃ好き!で、ワタシもすぐお隣の大阪に住んでるせいか、他地方の人ほど京都=雅、とかそうだ、京都行こう!とか昔から思わない。。。で、むしろいたのりさんのように、意外と下町らへんが面白いんじゃかってずっと思ってたんですよ〜♪ 
書いておられる文章もめちゃおもろいし〜!(笑)

↑服と合ってないきせかえの顔がなんか笑える〜(笑)
岸恵子さん、ズバリ「赤い疑惑」の「パリの理恵おばさま」、百恵ちゃんのおばさん(実は母親)役が、ワタシはいちばん印象に残ってますよ〜ん^^
Posted by マナサビイ at 2010年05月17日 07:22
コメントありがとうございました。

趣味と性格丸出しのブログですが、面白がっていただけて嬉しいです。
「変なものばかり載せて京都の雅なイメージを壊す」と顰蹙を買いそう
ですが、「だって京都にあるんだもの、みつを」と開き直っています。

百恵ちゃんの「赤い疑惑」、懐かしいですねえ。
父親役の宇津井健は、「少女に何が起こったか」(だったかな?大映ドラマ
は色々あって記憶がごっちゃに…)のせいで、「窓辺に赤い布を出すと
光の速さで来る人」というイメージになっちゃいました~^^;
Posted by いたのりいたのり at 2010年05月19日 01:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。