2010年05月30日

公国土産「かたぬき」で遠い目・・・

大阪に行った豚児が、阪急ン・メダ駅のキディランドの隣の駄菓子ショップで買ってきてくれたお土産。(「オヤジと良く話している型抜きって、これのことだろ?」と渡された。)

「ザ★かたぬき」1箱126円

(「ザ☆ウルトラマン」みたいだな。せっかくだから「かた☆ぬき」か「かたぬき!」にすればいいのに。)

松の枝とかかたどった「干菓子」に近い食感と味

大箱80枚入り840円だったそうな。おおっ!思い起こせば積年の恨みのあるカタヌキ、今ここで思う存分成敗してくれるわ!

湿らすとうまく抜ける、賞味期限があるのが今風

と、開けてみたんだが、ちょ~っと違う。父母が知っているのは、図柄がヒョウタンとかヘリコプターとかさあ、難度がもっと高いんだよ!カタヌキも「ゆとり」仕様か!?大きさももう少し大きかった気がするが、子供の手だったからそう思えるのかなあ・・・。(あの日を思い出す遠い目・・・)


通年出ている八坂神社の屋台

そもそも駄菓子屋で売ってる、買ってくるという品じゃないのよね。「お祭りの屋台」!これしか無い!

本宅サイトでもひとくさり語りましたが、これは「上手く抜けると配当あり」というのが最大のミソで、お子様の射幸心を煽りまくってくれまして、いやもう、祖母や両親から支給された「お祭り特別手当」の小遣いで入れ込んだものさ。

昔の方が難度が高かったと言いましたが、要するに「高難度=高配当」だもんで、高額が狙えるのばっかり選んでいたから。

夜の部がまた盛り上がるんだわ

テキヤのあんちゃんが、尖らせた爪で器用にパキパキやって、「最大の難所」一箇所を残すのみで渡してくれもしたが、クリアできなかったなあ。


東寺の弘法市にて

京都は1本売りがあって嬉しい
大抵は、これと「輪投げ」、大当たりがあるようで無い「宝釣り(くじびき)」の3点セットでカモられ、おかげさまで「ハシカは小さいうちに軽く済ます」的な働きというか、「弱毒性のワクチン接種」と同じというか、長じてから、怪しいマルチ商法やら波動水製造機なんかには騙されない、それなりの「消費者教育」にはなった気がします。パチンコパチスロもしないわよ。

最近は金魚をすくっても飼うのが面倒だから「いらない」と言われるそうな

まあ、当時は「先に何か食べて、銀玉鉄砲でも買っておくんだった!」と、毎年激しく後悔していたが・・・。

裸電球のしらしらした明かり、爆竹の音と煙、イカ焼きの香りと共に思い出す「後の祭り」だ。

何でこんなもの買ったんだろー?





Posted by いたのり at 18:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。