2010年05月08日

Hとハレ晴レユカイの狭間*京都オトナの修学旅行お土産編(後)

前回からの続き・・・
今回は大分エロ薄めです。ご安心を。

左隣はお花屋さん

御店主奥様双方に、「何でここを知らはったんですか?」と聞かれたので、「雑誌で。」と答えたらアッサリ納得されました。

全国誌にタウン誌と様々

京言葉の解説もしてくれました

多くの雑誌や本、ラジオやテレビに紹介され、有名人も多数訪れることが御自慢らしく、陳列什器の下段には、ここが紹介された書籍が山積みで、こちらは奥様が一冊ずつ手に取り説明してくださいました。最近買わなくなっちゃったけれど、杉浦さやかの本にも紹介されていたんだ。へえ~。

カワイイ系の書籍も

沼田元氣さんも来はったんです。」

え!?沼田元氣が!?
オバサン、ファンです!写真と装丁が大好きです!確かにこの商店街は彼好みの雰囲気。

いやいや、小沢昭一こそが訪問しているべきだなやっぱ。マンガ家だったら横山まさみちが来て、なんぞネタにしていて欲しい。でもって記念にオットセイ型貝型のチョコを作って欲しい。(で、タコシェでも売るの) あと、笑福亭鶴光希望!サンデースペッシャル!(映画「鴨川ホルモー」の実況役で嬉しかったっす)


「壹銭洋食の店」は南座の近く

雑誌「ワンダーJAPAN・京都特集号」では、やはり小沢ワールド的昭和エログロナンセンス全開の「壹銭洋食の店」と並び紹介されていました。ナイスなセレクトだ。

気になるブツ

さて、「おとなのお遊びコーナー、夜のお菓子」はひと段落して、オバサンはその誌面写真で(正直商品よりも)気になってしょうがなかった、店の奥に小さく写ったモノを確認させていただきました。

問題のブツ

これ!!!

お菓子屋さんでハレハレユカイ

ひょっとして、そうかなあ?と思ったが、やっぱりハルヒだったwww

「売り物ですか?」と訊ねたら「違う」とのこと。色々と商売熱心に説明してくれるお二人ですが、これに関しては何も言及してくれない。つーか、言葉を濁す、歯切れが悪く、むしろ「その件については訊いてくれるな」ムードが老夫婦間に漂う。何があったんだ?一体誰が飾ったんだ?

もしかして、ここに至って新境地!2次元と3次元の「萌え」と「エロ」の融合を図っているのか?と期待したんだけどな~。デラックスな東寺もだけど、世界観は違えども「求めることはほぼ同じ」だもの。

誰が飾ったのか?

ここは一丁、人気絵師を起用して商店街の町おこし美少女キャラを作り、一緒に「萌え男火気」、その名も「オレの嫁」、「最終日東館壁際」ってのを発売して、京都に来るオタを狙い撃ちってのはどうだろう。

そして、四条のアニメイト・・・は未成年者が多いから、メロンブックスのレジ横にも置く。基本はもちろんカード各48枚だが、色々増やして「ヴァイスシュヴァルツ」に参戦もアリだな。(油が滲みないよう、別封にするのはゆーまでもない)

自サイトも運営

ここ「むらを東三堂」はホームページもあって、ネットで販売もしています。

むらを東三堂HP


HPですが、管理人はかなりのオタクと見た!(3代目に当たる息子さんか誰かかもしんない。ハルヒを飾ったのも。歯切れ悪いのはそのせい?) これはマジで、将来的に「萌え男火気」が期待できるかもしんない。ひとつ是非!

以上、ちょっと寂れたムード(だがそれがいい!)の商店街で見つけた、お父さんにオススメの京菓子、京土産のお店でした。

地下鉄東山駅のすぐ近く

古川町商店街は、平安神宮方面から東山~八坂神社方面への近道で、周辺は白川一本橋信三郎帆布鈴木古道具店といった見どころも満載です。


追記・・・むらを東三堂HPは、その後オタク色の無いフツーのHPになりました。ちぇ。

HPの他に楽天でもお取り寄せ可
↓詳細はコチラ







Posted by いたのり at 21:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。